横浜の金沢文庫を拠点に、子供たちを対象にしたアート教室を開いてきた浅葉和子さんの活動が、2019年で50周年を迎えました。
ハンカチーフ・ブックスでは、2019年12月に浅葉さんの活動拠点であるアサバ・アート・スクエア(ASABA ART SQUARE)を訪ね、ネイティブ・アメリカンとの出会い、金沢文庫芸術祭、虹の戦士のことなどをたっぷりとインタビュー、そのお話は発売中の『TISSUE Vol.4 毎日は愉しい』に掲載しました。

そして年が改まり2019年11月16日、次なるステップとして、マクロビオティック料理家の中島デコさんを金沢文庫にお招きし、料理教室とトークという2部構成のイベントを開催! 今回は、その時にお話しいただいた浅葉さんのメッセージを5回にわたってお届けします。

天から受け取った言葉をそのまま発するような浅葉さんのメッセージ。
当日のイベントに参加した方も、されなかった方も、いろいろな思いをめぐらせながらぜひご一読ください。

5グレート・スピリットとの対話

2020年3月22日

――
昨年が50周年で、ひとつの節目であったと思うんですが、浅葉さん自身、《虹の戦士》としてまだまだ活動していこうという思いもあるわけですよね?
浅葉
活動っていうとすごく動いたりと、激しくやらなきゃってわたしのなかにあったんだけども、でも、決してそうじゃなくてね。
それぞれ与えられた立場で、自分ができることをするってことだと思うのね。

で、私自身、ちょうど50年やって、それまでは子供たちと一緒にずっときたから、子供と一緒のモデルだったのね。
それが、これからは息子(浅葉弾さん)がわたしの代わりにやってくれるということで、わたしのなかのバランスが一瞬、崩れたわけ。
今年のはじめくらいかな……令和が過ぎた頃からね。それで、ちょっとこう、どうなんだろうと。

――
ちょっと違和感があった?
浅葉
ええ。子供たちと同じなかにいるんだけども 息子が主導を取っているから、わたしが入るとうまくいくときもあるというので、じゃあ、いまはこの与えられた自由な自分の時間を大切にして、(会場の奥にある先住民広場のスペースを指しながら)これからは本当にゆったりとあそこで……。

あそこにある本を読みながらね、ここを訪れてくれる人もいるので、そういう人たちと語り合ってね。
訪れてくれる方のなかには、結構、自分で何かを持っていて、何か考えてるんだけども一歩が出しづらい、どうしていいのかわからないって人がいるんです。年の功でそういうのはわかるわけ、すぐ。
だから、その年の功を生かして、(その一歩に対して)大丈夫だよって言うのがわたしの役目じゃないかなあって思っています。
あとはあんまり深く考えてないですが(笑)。

――
浅葉さんは、基本的に説明して行動する人じゃないんですよね(笑)。でも、(会場の入口に)《虹の戦士》のゲートがあるじゃないですか。あそこをくぐればもうその瞬間に変化するって、おっしゃっていましたよね?
浅葉
変わります。みなさん、今日はじめてここにきた人もいらっしゃいますよね? 《虹の戦士》の門はもう通りました?

(通ったという声が多いのを聞いて)ああ、よかった、よかった。
あれね、一回通って、そこを出る、そうするとね、必ず新しい自分がそこから生まれる。必ず。必ずです、それは。信じて。

アサバ・アート・スクエアの
入口に設けられた《虹の戦士》のゲート。

あと、もうひとつ、そのついでに、できないっていう発想を消す。みんな何かやるときに、ちょっと無理かなとか、できないんじゃないかなって、そういう思いがどこかにありますよね?
でも、できるって言葉はすごい大事です。
完成度は誰も求めてないの。ただ自分のなかでできるっていうとこまでやればいい。自分がジャッジだからね。

「できないよー」って子供も言っちゃうでしょう? あれ、大人もおんなじね。わたしもそういうときがある。でも、それは打ち消して、できるんだって。それが鏡なのね。もうそれがグレート・スピリットと自分の関係で。
できるんだと思えばこうなるし、あの人と会えるんだ、あの方とこういう時間が持てるんだと思うと、実際にそうなる。

そういう自分の力じゃない、引き寄せてくれる宇宙からの力と、人がつなげてくれる出会いの力とか、いろいろな力がひとつの大きな渦になっているから、そのなかからそういう自分の「できる」っていうものをつくって何かをやる。そうやってできると思っていたらそこに到達できると思う。
だから、イメージすることが現実になるって、すごく大事だと思う。

――
いろいろとお話を聞いたり、関係する本を読んだり、それで気持ちは目覚めても、自分には何もできないとか、何したらいいかわからないとか、そう感じてしまう人もいると思うんです。
そういう人にはどんなアドバイスをされますか?
浅葉
何もしなくていいんじゃないかなあ? 何かすることが出てくるまで。自然に出てくるから。

(会場を見渡しながら)うん? いやあ、違うよっていう意見があったらどんどん言ってくださいね(笑)。なんかないですか?
それは甘いよ~とかさ、いたら本当に言って(笑)。

人間ってね、悲しいときもあるし、生きていたらいろいろなことがある。
その時に、もしかしたら瞑想が大事かもしれない。
わたしがいま、ちょっと平静になることができ、いろいろなことのバランスが整ってきたのは、瞑想のせいかもしれない。
朝ヨガを勝手にやっているんですよ、いまは寒くなったから6時に始めるんですけどね、1時間くらい。うちの池の前で、称名寺の。あ、自分の池だと思ってる(笑)。

――
すぐ近くにある称名寺の池のほとりですね(笑)。
浅葉
ええ。そこにマットを敷いて、1時間くらいヨガをやっていると、もう本当にその時間は何も考えない自分がいるのね。
そうすると、そこで疲れがとれ、気持ちが落ち着くのかもしれないね。
――
そうですね。
浅葉
さっきの話に戻るけど、何もできない、どうしていいかわからないってときは、出てくるまでやっぱり待つしかないよね。
――
心配しなくていい?
浅葉
心配しなくて絶対いい。大丈夫だと思う。必ずくる。時が解決してくれる。昔からいう言葉だけど、まったくその通りだと思います。
――
その言葉だけで勇気づけられている人もいるんじゃないかと思います。浅葉さん、素敵なお話をありがとうございました。

浅葉さんの生き方、考え方をもっと知りたい方は、
ハンカチーフ・ブックス『TISSUE Vol.4』に
掲載中のインタビューをご覧ください。

(おわり)

2019年11月16日、Asaba Art Squareにて収録。

聞き手:長沼敬憲(ハンカチーフ・ブックス編集長)
撮影:井島健至
編集協力:わたなべなおか(やらだ出版

「天におられる私たちの偉大なるスピリットは、どうして白人たちが僕たちの土地を奪う事をお許しになられたのですか!?」――ネイティブの血を引く少年の問いに、部族の長老である祖母はどう答えたのか? 物語はここから始まり、様々なエピソードを交えながら、次のメッセージを伝えます。

「地球が病んで動物たちが姿を消し始める時、
まさにその時、みんなを救うために虹の戦士があらわれる」

「インディアンが昔のスピリットを取り戻したあかつきには、インディアンは白人たちに、互いに愛しあうとはほんとうにどういうことか、あらゆる人間を愛するとはどういうことかを、今度は教えることになるだろう」

以下、補足として北山耕平さんの解説から関連する箇所をご紹介します。

「世界各地の先住民の教えが伝えている。地球が病んで、動物たちが姿を消しはじめ、人々が健康を失って愚かな振る舞いを始める頃、(中略)伝説や、物語や、古い教えや、儀式や、神話や、太古の部族の風習などを、しっかりと守ってきた者たちの時代が到来すると。(中略)「虹の戦士」とは、その人たちを指す。(中略)正義と、平和と、自由に目覚め、偉大なる精霊の存在を認める存在。日本列島は、母なる地球は、その人たちの到来を必要としている」

(北山耕平・翻案『定本 虹の戦士』太田出版より)

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

浅葉和子 Kazuko Asaba
武蔵野美術大学グラフィックデザイン科卒業。1968年より横浜市・金沢文庫で子供の絵画教室をスタート。児童絵画を通しての異文化交流(エジプト、トルコ、アメリカ、ラオス、タイ、オーストラリア、オランダ、中国、アフリカ、メキシコなど)を行う。1991年、渡米。ロサンゼルス・カリフォルニア州立大学、ニューメキシコ大学でアートセラピーを学びながら、アメリカ先住民、北プエブロ族と交流。帰国後、子供のために絵画教室をベースにしつつ、彼らに学んだ自然との共存の精神を広く伝えるために様々な活動を展開。1999年、「金沢文庫芸術祭」を立ち上げ、アートを通じての人輿し(町輿し)運動を開始した。教室のあるスペース(アサバアートスクエア)には、一般の人が立ち寄れるカフェ&ギャラリーも併設している。著書に『魔法のアトリエ子どものデザイン教室』(創和出版)。
★アサバアートスクエア http://asabaart.com

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る