5年の歳月をかけて完成させた『フードジャーニー』。長い旅の果てに日本列島にやってきた人たちが、何を食べ、どう生きてきたのか? 2019年秋の刊行に先駆けてウェブ上で全面公開します。月・木曜日の更新になりますのでぜひご覧になってください。

0はじめに

2019年7月15日

この日本列島に人が住み始めたのは、およそ4万年前。

広大なユーラシア大陸を数世代にわたって流浪してきた集団の一部が、ナウマンゾウやトナカイを追って極東の外れにたどり着き、根を下ろしたのが始まりだったと言われています。

この人類の長い旅は、グレートジャーニーと呼ばれています。

それは、アフリカで誕生したとされる人類が世界中に散らばっていった、長い長い旅の軌跡。そのルートをたどっていくと、無数の人たちが旅をし、見知らぬ土地を切り開いてきたすがたが浮かび上がります。

旅をしてきたからこそ世界中でさまざまな文化が花開き、日本列島にも固有の文化が生まれ、こうしていま、ここに僕たちが存在します。

想像すればするほど、気の遠くなる、夢のような話です。夢のような時間が過ぎ、地球上には70億人が暮らすようになりました。

人はなぜ旅をするのでしょうか? ロマンだと答えた人は、次の言葉にちょっとがっかりするかもしれません。

それは、食べるため。この地球上に生きているほぼすべての生き物は、食べることで栄養を補給し、エネルギーに変えて生きています。生物がまだ豆粒よりもはるかに小さかった時代から、そうセットされてきました。

事実、呼吸をせずに生きられる生物はいても、何も食べないで生きていける生物はいません。いや、もしかしたらいるのかもしれませんが、基本的にそれは生物の定義に当てはまりません。

食べてエネルギーに変える仕組みは、代謝と呼ばれています。

理科の教科書風に言うと、遺伝して子孫を残すこと、細胞という小さなかたまりを一単位にしていること、ずっと同じではなく進化する可能性があることなどと並んで、生物の条件に挙げられています。

こうした生きる条件が十分に満たされたとき、生物は快をおぼえます。

生物的に見た場合、食べることは単なる栄養補給ではなく、心地がいいこと、しあわせなこと、とイコールです。

逆に言えば、食にありつけない状態は苦しみの元凶です。食べられないことは多くの人にとって不幸に直結します。食べられなくなったら、自己の生存はもちろん、家族を養えず、子孫が残せなくなります。それは生物としての本能に反することであり、快から遠ざかる行為そのものでしょう。

つまり、グレートジャーニーは、フードジャーニー。旅することは食べること、食べるために歩くこと。

アフリカで生まれたとされる人類は、なぜ世界へ散っていったのか?

さまざまな背景が考えられていますが、シンプルに言えば、その土地で食べられなくなった、だからやむなく旅を始めた。食べるものを求めて、いや、失われた心地よさを求めて……。

冒険心、好奇心だけで大移動が起こるわけではない、もっとずっと切実な事情のなかから人生の冒険は始まるのです。

食べるということには、さまざまな側面があります。

食は歴史のなかで培われた文化であると同時に、生理的な営みであり、経済と健康、生存するための両端に直結しています。

大事なのは、さまざまな側面に分断される前の状態を想起し、できるかぎりフラットに世界を見つめ直してみることです。

生物としての自分は、細胞レベル、身体レベルで、こうした分断される前、壁のない世界をたえず感じとっています。

それは、部分に対する全体と呼んでもいいかもしれません。

ユーラシアからアジアへ、アジアから日本列島へ……極東の細長く、小さな島にたどり着いた人たちは、特有の気候風土のなかで食べ、感じ、行動し、そこでしか味わえない生き方を受け継いでいきました。

その国ごと、その地域ごとにフードジャーニーがありますが、この本でフォーカスするのは日本列島のフードジャーニー。その全体像をつかみとるため、過去の歩みをたどる旅に出てみましょう。

生きることは食べることである以上、この旅は歴史や地理にとどまらず、身体の働きともリンクします。食べ物からエネルギーを生み出す代謝、そこに関与する免疫、腸内細菌などの働きも生命の旅の一部です。

マクロからミクロへ、そしてマクロからミクロへ……。

わたしという存在の内と外を自由に行き来しながら、これまでになかった旅の地図を描いていきたいと思います。

読まれた方の旅の概念が変わり、生きて食べることの意味が再構築できたならば、これ以上の喜びはありません。

(長沼敬憲)

フードジャーニーの見取り図


身体と生命をつなぐ諸分野を一つに結びつけ、無数の層が織りなすこの世界を俯瞰する統合的な視点を、本書では独自の「生体コミュニケーション論」からひも解きます。

(つづく)

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

長沼敬憲 Takanori Naganuma

作家。出版プロデューサー、コンセプター。30 代より医療・健康・食・生命科学などの分野の取材を開始、書籍の企画・編集に取り組む。著書に、『腸脳力』『最強の24時間』『ミトコントドリア“腸”健康法』など。エディターとして、累計50万部に及ぶ「骨ストレッチ」シリーズなどを手がけたほか、栗本慎一郎、光岡知足などの書籍も担当。2015年12月、活動拠点である三浦半島の葉山にて「ハンカチーフ・ブックス」を創刊、編集長を務める。哲学系インタビューBOOK『TISSUE(ティシュー)』を創刊。科学系インタビューサイト「Bio&Anthropos」(バイオ&アンスロポス)主宰。2018年夏、5年の歳月をかけてライフワーク『フードジャーニー』を脱稿。オフィシャルサイト「Little Sanctuary」(リトル・サンクチュアリ)

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る