今回の「ハンカチーフ・ブックス・アーカイブス」は、「内なる『世界』と向き合う」をテーマに、禅僧の藤田一照さん、プロサッカー選手・齋藤学選手、バックグラウンドが異なる二人の対談をプレーバックします。

齋藤選手が、三浦半島の葉山にある一照さんの茅山荘を訪れたのは、2016年2月21日のこと。掲載当時、横浜マリノスのトップ選手として活躍していた彼は、これまでのトレーニング法はもちろん、食事の摂り方、日常の過ごし方などを大きく見直すことで、過去になかった新しい感覚が芽生えていた時期だったと思います。

目指すは、もっと広く、果てしない世界……。

一方の藤田一照さんは、身体の世界全般に通じ、既成の仏教の枠にとどまらない活動をしている、自由人。アメリカで17年間、禅の普及に活動してきたバックボーンもあり、斎藤選手にとってとても刺激的な存在だったはず。

「いったいどんな話になるんだろう?」

二人とも、もしかしたら最初はそう思ったかもしれません。しかし、会ってすぐに打ち解け、対話は思いのほか深いところへ展開されていきました。

早朝8時からの坐禅会に参加した後の昼下がり、穏やかな日差しのなかで、ゆっくりと話が始まりました。

取材・構成:長沼敬憲

※pass with heart.(心ある道を歩め):カルロス・カスタネダ『ドン・ファンの教え』より

2過去のデータは関係ない

一照
(サッカー界に)失敗することを恐れている面があるということ?
齋藤
そうですね。トレーニングにしても、食事にしても、僕は新しいことにチャレンジしてみて、ダメだったら戻せばいいという感じでいろいろと取り入れているんですが、「失敗したらどうするの?」という考えが強いんですね。
――
新しいことへのチャレンジに不安を感じることは?
齋藤
いまは結構(不安を)捨てられているので、あまりないです。逆に、ちょっと行きすぎちゃっているくらいな(笑)。
一照
ハハハ。面白くてしょうがないんじゃない、それ(笑)。わかりますよ、僕もいろんなことやってみたから。
齋藤
そうなんですか?
一照
今日の坐禅会にしても、「実験的坐禅会」と呼んでいるんです。というのは、僕が最終回答をすでに持っていて、それを皆に教えるのではなく、今日だってしゃべりながら「次は何をしようか」と考えているわけです。
(坐禅の前のワークで)四つん這いになって身体を動かしたのも、最初は考えてなかったしね(笑)。それやったらおもしろいかなと思って、やってみて、自分の身体とか皆さんの反応を見て、次を考えるんですね。
だから、あるのは正解の方向性だけ。なんとなく場が和んで、うきうきして、次にどんどん展開していくような感じになったら、それはいい印だなというふうに受け取って僕はやっています。そこからどこに行くのかはわからないですけれど。
齋藤
僕の場合、自分の夢としてワールドカップに出て、勝利に貢献するということがあるんですが、そのためにどれだけ海外に早く行けるか、どのタイミングで海外に行ってチャレンジするか。もしかしたら、Jリーグのままでワールドカップ行けるかもしれないですし、いろんな可能性はあるので本当にわからないですよね。ただ、結果は出さなきゃいけない。
一照
それはそうだね。逆にまたチャレンジングでいいかもしれないけれど。
齋藤
はい。なので、すごく楽しくて。結果を残せないと自分がサッカー選手でいられるかわからないという不安もあるにはあるんですが、いまはそれが大きく占めているわけではないんです。年齢的にも、サッカー選手だと25〜28歳くらいまでがいちばんいい時期と言われていますけど、僕はそれも人によると思っているし。
一照
そうだろうね、運命というわけじゃないよね。
齋藤
海外移籍の話にしても、もう26歳なので「遅いじゃん」と言われることもあるんですが、それはいままでの人を見てそう言っているだけであって。
一照
過去のデータによれば、という話ね。常識は破られますからね。
齋藤
そうですね。だから「僕は関係ない」と思っていろいろとやれています。移籍の話は2年前にも、今年の1月にもあったんですが、この数年、食事のことや、古武術のような身体の使い方をすごく勉強して、自分が成長していることが実感できているので、それを知らないで海外に行くのと、知ったうえで行くのでは全然違うと感じています。
一照
いまやっていることが、もっともっとレベルの高いところで試せるよね。すごいな、それは。齋藤さんは、オリンピックやワールドカップで世界のレベルを感じたと思いますが、それはやっぱりすごかった?
齋藤
うーん。ワールドカップは代表になれましたが、試合には出られなかったので、一番いい場所で見ていただけなんですが……(笑)。
一照
そんなにかけ離れてはいない? 手に届きそうな感じはある?
齋藤
たとえば、コートジボワール戦でドログバが出てきた時の「これが本物なんだな」「これがチームをワールドカップで勝たせる選手なんだな」というものを生で見られたのは、すごく大きかったです。「こうならないと、ワールドカップって勝てないんだ」って。
一照
「こう」というのはどういう感じ?
齋藤
その一人の存在感でチームが変わるんですよ。すごかったですよ。

(つづく)

禅の悟りのプロセスを、牛飼いを主人公にした10の絵で表したもの。牧童が飼っていた牛を見失ってしまい、自己喪失に陥るところから物語が始まる。中国宗代の禅僧、廓庵の手によるものが有名。禅の入門書としても親しまれている。


『僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ』

牛飼いは、探し求めている牛をどうやって見つけ、どう関係を取り戻していったのか? 漫然と歩き続ける旅に飽き、なぜという疑問が湧いてきたのなら、あなたのなかの牛を探してください(「はじめに」より)。「十牛図」をテーマに行った禅僧・藤田一照とエディター・長沼敬憲の対話を収録。身体性の探求、宇宙と生命のつながり、自己とは何かなど、心地よく生きるための哲学が100ページあまりの本に凝縮されている。

TISSUE(ティシュー) Vol.1

[巻頭セッション]内なる「世界」と向き合う
表紙の人=齋藤学
日本のサッカーの未来を背負うドリブラー、齋藤学。
この1年ほどの間に、トレーニング法、食事の摂り方、日常の過ごし方などを大きく見直し、新しいカラダを手に入れた。
肉体改造というとマッチョになるイメージがあるが、彼が手に入れたのは、外部の世界を鋭敏に感じとれる身体性。
彼が歩んでいくこれからの一つの道しるべになれるよう、身体の世界に通じ、アメリカで17年間、禅の普及に活動してきた禅僧、藤田一照さんの茅山荘を訪れたダイアローグ。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

(上)藤田一照 Issho Fujita

1954年、愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター2代所長。著書に『現代坐禅講義―只管打坐への道』、共著に『アップデートする仏教』、訳書に『禅への鍵』『法華経の省察』『禅マインド ビギナーズ・マインド2』などがある。2015年12月、ハンカチーフ・ブックスから『僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ』を刊行した。
http://fujitaissho.info
 
 
(下)齋藤学 Manabu Saito

1990年、神奈川県生まれ。小学生時代から横浜F・マリノスの下部組織に所属。2006年、AFC U-17選手権の代表に選出され、優勝に貢献。2008年、横浜Fマリノスでデビュー。翌2009年にトップチームに昇格した。2011年に愛媛FCにレンタル移籍。開幕戦からチームの主軸として活躍。2012年、マリノスに復帰。以後レギュラーに定着し、トップ選手として活躍。同年7月、ロンドン五輪サッカー日本代表に選出。2013年、東アジアカップ2013で日本代表に初選出、2014年、FIFAワールドカップ日本代表にも選ばれた。2016年、Jリーグアウォーズでベストイレブンに選出。2017年、マリノスのキャプテンとしてチームを牽引。同年9月、試合中の負傷がもとで右膝前十字靭帯損傷。2018年、川崎フロンターレに移籍、負傷を乗り越え、新しいフィールドでプレーを続けている。
https://twitter.com/manabu0037?s=20

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る