今回の「ハンカチーフ・ブックス・アーカイブス」は、「内なる『世界』と向き合う」をテーマに、禅僧の藤田一照さん、プロサッカー選手・齋藤学選手、バックグラウンドが異なる二人の対談をプレーバックします。

齋藤選手が、三浦半島の葉山にある一照さんの茅山荘を訪れたのは、2016年2月21日のこと。掲載当時、横浜マリノスのトップ選手として活躍していた彼は、これまでのトレーニング法はもちろん、食事の摂り方、日常の過ごし方などを大きく見直すことで、過去になかった新しい感覚が芽生えていた時期だったと思います。

目指すは、もっと広く、果てしない世界……。

一方の藤田一照さんは、身体の世界全般に通じ、既成の仏教の枠にとどまらない活動をしている、自由人。アメリカで17年間、禅の普及に活動してきたバックボーンもあり、斎藤選手にとってとても刺激的な存在だったはず。

「いったいどんな話になるんだろう?」

二人とも、もしかしたら最初はそう思ったかもしれません。しかし、会ってすぐに打ち解け、対話は思いのほか深いところへ展開されていきました。

早朝8時からの坐禅会に参加した後の昼下がり、穏やかな日差しのなかで、ゆっくりと話が始まりました。

取材・構成:長沼敬憲

※pass with heart.(心ある道を歩め):カルロス・カスタネダ『ドン・ファンの教え』より

4考えることは感覚を鈍くする

――
こうした話はメンタルな部分につながってくるんでしょうか?
一照
メンタル、フィジカル全部につながっているよね。
――
でも、そういう場面でくじけることもあるじゃないですか。それで負けるとメンタルが弱いという言い方になるでしょう? 「日本はここ一番に弱い」みたいな。
齋藤
僕の場合、基本的に負けずぎらいなんで諦められないんですよ。ただ、人のことをあまり言うのは嫌なんですが、苦しい状況の時に「1点取ったらいける、サッカーだったらすぐ挽回できる」と自分で思っていても、チームにそういう雰囲気を感じない時も結構あります。
「やっぱ無理だろ」という考えの人が一人いたら、伝染するんですよね。それでうまくいかなかった、結果が出せなかったら、やっぱり「メンタルが弱い」という部分になると思うんです。皆が皆、あきらめてはいるわけではないのに、ちょっとでも折れた人がいた時に、それがブワッと広がっちゃう。
一照
個人のメンタルもあるけど、チームとしてのメンタルってあるわけだよね。人間って不思議だけど、そこはやっぱり一人一人がつながっているんだろうね。今日の坐禅会は20人くらいいたけれど、やっぱりここにも部屋のマインドというものがあって、それがフッと変わる時がある。時々うまくいかなかったり、ザワザワがずっと続いたりする時もあるけれど、一緒にやっていると(個人を超えたものを)感じることはできますね。
齋藤
今日、スッと変わりましたよね?
一照
うん、何回かあったね。齋藤さんは、まわりを感じながら自分のことをやっているから、そういう感覚が人より身についているんだと思いますけどね。
齋藤
スッとなって、部屋が変わって。これは、誰もが持っているべきものだと思いますね。
一照
特にリーダーシップをとる人はこの感覚を持っていないとね。
――
そうした雰囲気が悪い方向に伝染しないようにするには、どうしたらいいと思いますか?
一照
さっきの「メンタルが弱い」というのも、「もし負けたら」という考えがまだ終わってないのに出てきて、いまいる場所から自分を切り離しちゃっているわけ。でも、実際にはまだ起きていない。そういうことを思うには、考えをつないでいかないといけないわけですよ。ないことをリアルに感じるには考えるしかないから、ずっと考えていくわけ。考えということで感覚を鈍くしているというかね。
齋藤
はい。よくわかりますね。
一照
こうやって声が聞こえていても、「次、何を言おうか」と考えていると聞こえなくなるじゃない。スポーツにしても、いまやりとりしているリアルな世界があって、それをちゃんと受け取っていなかったら対応できないじゃないですか。そこから離脱して、考えはじめてしまうと、絶対トンチンカンな、「は?」「えっ?」というトリップしたみたいな、聞かれてもヘンなことを言っちゃう感じになるわけです。
齋藤
失敗して「ボール受けるのが怖い」っていう気持ちになっている時って、失敗した過去が頭に入ってきちゃっているから、そっちに行っちゃっていますよね。

(つづく)

禅の悟りのプロセスを、牛飼いを主人公にした10の絵で表したもの。牧童が飼っていた牛を見失ってしまい、自己喪失に陥るところから物語が始まる。中国宗代の禅僧、廓庵の手によるものが有名。禅の入門書としても親しまれている。


『僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ』

牛飼いは、探し求めている牛をどうやって見つけ、どう関係を取り戻していったのか? 漫然と歩き続ける旅に飽き、なぜという疑問が湧いてきたのなら、あなたのなかの牛を探してください(「はじめに」より)。「十牛図」をテーマに行った禅僧・藤田一照とエディター・長沼敬憲の対話を収録。身体性の探求、宇宙と生命のつながり、自己とは何かなど、心地よく生きるための哲学が100ページあまりの本に凝縮されている。

TISSUE(ティシュー) Vol.1

[巻頭セッション]内なる「世界」と向き合う
表紙の人=齋藤学
日本のサッカーの未来を背負うドリブラー、齋藤学。
この1年ほどの間に、トレーニング法、食事の摂り方、日常の過ごし方などを大きく見直し、新しいカラダを手に入れた。
肉体改造というとマッチョになるイメージがあるが、彼が手に入れたのは、外部の世界を鋭敏に感じとれる身体性。
彼が歩んでいくこれからの一つの道しるべになれるよう、身体の世界に通じ、アメリカで17年間、禅の普及に活動してきた禅僧、藤田一照さんの茅山荘を訪れたダイアローグ。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

(上)藤田一照 Issho Fujita

1954年、愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター2代所長。著書に『現代坐禅講義―只管打坐への道』、共著に『アップデートする仏教』、訳書に『禅への鍵』『法華経の省察』『禅マインド ビギナーズ・マインド2』などがある。2015年12月、ハンカチーフ・ブックスから『僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ』を刊行した。
http://fujitaissho.info
 
 
(下)齋藤学 Manabu Saito

1990年、神奈川県生まれ。小学生時代から横浜F・マリノスの下部組織に所属。2006年、AFC U-17選手権の代表に選出され、優勝に貢献。2008年、横浜Fマリノスでデビュー。翌2009年にトップチームに昇格した。2011年に愛媛FCにレンタル移籍。開幕戦からチームの主軸として活躍。2012年、マリノスに復帰。以後レギュラーに定着し、トップ選手として活躍。同年7月、ロンドン五輪サッカー日本代表に選出。2013年、東アジアカップ2013で日本代表に初選出、2014年、FIFAワールドカップ日本代表にも選ばれた。2016年、Jリーグアウォーズでベストイレブンに選出。2017年、マリノスのキャプテンとしてチームを牽引。同年9月、試合中の負傷がもとで右膝前十字靭帯損傷。2018年、川崎フロンターレに移籍、負傷を乗り越え、新しいフィールドでプレーを続けている。
https://twitter.com/manabu0037?s=20

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る