今回の「ハンカチーフ・ブックス・アーカイブス」は、「内なる『世界』と向き合う」をテーマに、禅僧の藤田一照さん、プロサッカー選手・齋藤学選手、バックグラウンドが異なる二人の対談をプレーバックします。

齋藤選手が、三浦半島の葉山にある一照さんの茅山荘を訪れたのは、2016年2月21日のこと。掲載当時、横浜マリノスのトップ選手として活躍していた彼は、これまでのトレーニング法はもちろん、食事の摂り方、日常の過ごし方などを大きく見直すことで、過去になかった新しい感覚が芽生えていた時期だったと思います。

目指すは、もっと広く、果てしない世界……。

一方の藤田一照さんは、身体の世界全般に通じ、既成の仏教の枠にとどまらない活動をしている、自由人。アメリカで17年間、禅の普及に活動してきたバックボーンもあり、斎藤選手にとってとても刺激的な存在だったはず。

「いったいどんな話になるんだろう?」

二人とも、もしかしたら最初はそう思ったかもしれません。しかし、会ってすぐに打ち解け、対話は思いのほか深いところへ展開されていきました。

早朝8時からの坐禅会に参加した後の昼下がり、穏やかな日差しのなかで、ゆっくりと話が始まりました。

取材・構成:長沼敬憲

※pass with heart.(心ある道を歩め):カルロス・カスタネダ『ドン・ファンの教え』より

7「ここにいるよ、私に気づいて」

一照
マインドではないんですよ。ハートとマインドは明らかに違っていて、マインドというのは「べし・べからず」のかたまりで、外側にあるプログラムに従って役割を果たしていこうとするわけですよ。だから、自分が知っていることしか問題にしない。でも、ハートって、わからないことにワクワクする。
齋藤
わかります、わかります。
一照
両方いるんだよね。マインドなしで社会を生きていくのは危ないけれど、その下にはハートがあって、ハートを手なづける形でマインドが適切に働けばいい。マインドって悪い癖があって、ちょっと頑張りすぎるんです。
ハートはおとなしいので、マインドがこうやって出張って主人公面してやっているうちは静かにしている。でも、小さい声で「ここにいるよ」「私に気づいて」と、いつでも声をかけてくれていて、静かな時に時々フッと表に出てくる。人を好きになることなんて、そういうことだよね。
齋藤
そうですね。
一照
マインドのほうは「何であんな人を好きになるの?」「やめときなさい! あんな人」という言葉に動揺するんだけど、ハートはもう知っている。もうfall in loveしちゃっているという感じだよね(笑)。マインドとハート、その両方が僕らにはある。でも、道を行くのなら、サッカーが齋藤さんの道だったら、「pass with heart」ですよ。「心ある道を歩め」ということになるよね。
齋藤
ありがとうございます。
一照
修行もマインドでやると、もう苦行になるんですよ。親切にしなきゃいけない。慈悲深くならなきゃいけない。これでは「べし・べからず」で、「慈悲深いってこういうことなんだろうな」って自分で命令して無理矢理にやっているから、言葉の端々に「おい! 俺がこれだけ優しくしているのになんだお前、礼も言わずに」とムカッとくるんだけど、これはマインドがやっている証拠なの。
ハートは自分が嬉しくてやっているから、相手は関係ないというか、返ってこなくても別にそれはいい。だから同じ行動をしていても、ハートでやっているか、マインドでやっているかで違ってくる。仕事も多分そうだよ。ハートフルにやっているか、マインドでやっているかで、受け取るものは変わると思いますよ。
齋藤
(プロに入って)1〜2年目の時というのは、サッカーの試合に出られなかったし、先輩がたくさんいて、怖いなかで練習に行かないとならないので、すごくつらかったんですね。練習所に行きたくないんで、「あー、火事起きないかな」とか。
一照
過激だね、それ(笑)。
齋藤
「地震とか起きて練習所が潰れないかな」とか同期の奴と言ったり、自分で思ったりするんです。だけど、(レンタル移籍で)愛媛に行って、サッカーというものがなんとなくわかってきて、横浜に戻ってきてずっと試合に出られるようになった時、サッカーをうまくなりたいという思いで練習に行けるようになったというか、苦しくなってきたんです。そうなるとサッカーは楽しいし、だから自主練もすごくやっちゃう。
――
すてきだね。サッカーが心ある道に変わってきたんだね。
齋藤
でも、友達としゃべっていると、やっぱり仕事が苦痛で、その後の遊びが楽しいと。
一照
普通はそうらしいよ。
齋藤
そうなんですよね(笑)。だけど、大事なのはいかに仕事を楽しめるかじゃないですか。自分はまだ言える立場じゃないですけど、営業やって落ち込んでいる友達に言ったんですよ。もう本当に死にそうな顔だったんで、どれだけいまを楽しく生きられるか。「もったいないじゃないか」と話したら、目覚めちゃったみたいで一気に成績上がって、「俺に感謝しろ」ってふざけて言ったりしているんですけど(笑)。
一照
それくらい違うんだよね。
齋藤
僕はサッカーをすごく楽しくやらせてもらっているんですけど、皆が皆そういうわけじゃないじゃないですか。でも、日本が元気になるというのが僕の夢であり、目標なので。そういう感じで一人一人が仕事をしていったら、もっと変わるんじゃないかなと思うんですね。
だから、自分が楽しくやれていることを伝えていきたいし、自分が何か伝えた時に、変わってくるものもあると思う。以前、小学校で食育の講演をやった時に……。
一照
そういうのもやっているの?
齋藤
はい。食育なんですけど、夢を持つこの大切さと関連させて150人くらいの前で話をしたんです。講演の後に子供たちからたくさんの感想をもらった時に、すごく嬉しくて。自分にとってファンサービスの一つだったとしても、自分がしたことをずっと覚えてくれている人っているじゃないですか。サッカー選手にサインしてもらって、それでサッカーが好きになって、将来、選手になってくれたら嬉しいですし。
一照
いま、スポーツマンはそういう役割をしているよね。
齋藤
でも、プロの側って、おごりとかじゃないですけど、そういう意識がそこまで強くないんです。僕はその一回がすごく大事だと思っているんですけど。
一照
そうだね。
齋藤
たとえば、仕事が楽しくなってくると、こうしていま自分が考えているみたいに、(その楽しさが)いろんなことに派生してくると思う。それができていったら、日本も、世界もそうですけど、もっと活気づくかなと思うんです。
一照
(世の中とつながる)いろいろなチャンネルがあるけれども、齋藤さんの場合はサッカーでハートに触れるようなことをやっているわけだよね。いま、マインドに追われているじゃない。本当にマインド主流。
齋藤
間違いないですね、それは。
一照
それではきついよね。だから、仕事でもマインドの下にあるハートにアクセスするような形で、全員が全員できるかわからないけど、そちらの方向を目指して変わっていく必要はあるかもしれない。そうじゃないと、自分を壊すことになるから。

(つづく)

禅の悟りのプロセスを、牛飼いを主人公にした10の絵で表したもの。牧童が飼っていた牛を見失ってしまい、自己喪失に陥るところから物語が始まる。中国宗代の禅僧、廓庵の手によるものが有名。禅の入門書としても親しまれている。


『僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ』

牛飼いは、探し求めている牛をどうやって見つけ、どう関係を取り戻していったのか? 漫然と歩き続ける旅に飽き、なぜという疑問が湧いてきたのなら、あなたのなかの牛を探してください(「はじめに」より)。「十牛図」をテーマに行った禅僧・藤田一照とエディター・長沼敬憲の対話を収録。身体性の探求、宇宙と生命のつながり、自己とは何かなど、心地よく生きるための哲学が100ページあまりの本に凝縮されている。

TISSUE(ティシュー) Vol.1

[巻頭セッション]内なる「世界」と向き合う
表紙の人=齋藤学
日本のサッカーの未来を背負うドリブラー、齋藤学。
この1年ほどの間に、トレーニング法、食事の摂り方、日常の過ごし方などを大きく見直し、新しいカラダを手に入れた。
肉体改造というとマッチョになるイメージがあるが、彼が手に入れたのは、外部の世界を鋭敏に感じとれる身体性。
彼が歩んでいくこれからの一つの道しるべになれるよう、身体の世界に通じ、アメリカで17年間、禅の普及に活動してきた禅僧、藤田一照さんの茅山荘を訪れたダイアローグ。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

(上)藤田一照 Issho Fujita

1954年、愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター2代所長。著書に『現代坐禅講義―只管打坐への道』、共著に『アップデートする仏教』、訳書に『禅への鍵』『法華経の省察』『禅マインド ビギナーズ・マインド2』などがある。2015年12月、ハンカチーフ・ブックスから『僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ』を刊行した。
http://fujitaissho.info
 
 
(下)齋藤学 Manabu Saito

1990年、神奈川県生まれ。小学生時代から横浜F・マリノスの下部組織に所属。2006年、AFC U-17選手権の代表に選出され、優勝に貢献。2008年、横浜Fマリノスでデビュー。翌2009年にトップチームに昇格した。2011年に愛媛FCにレンタル移籍。開幕戦からチームの主軸として活躍。2012年、マリノスに復帰。以後レギュラーに定着し、トップ選手として活躍。同年7月、ロンドン五輪サッカー日本代表に選出。2013年、東アジアカップ2013で日本代表に初選出、2014年、FIFAワールドカップ日本代表にも選ばれた。2016年、Jリーグアウォーズでベストイレブンに選出。2017年、マリノスのキャプテンとしてチームを牽引。同年9月、試合中の負傷がもとで右膝前十字靭帯損傷。2018年、川崎フロンターレに移籍、負傷を乗り越え、新しいフィールドでプレーを続けている。
https://twitter.com/manabu0037?s=20

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る