今回の「ハンカチーフ・ブックス・アーカイブス」は、「内なる『世界』と向き合う」をテーマに、禅僧の藤田一照さん、プロサッカー選手・齋藤学選手、バックグラウンドが異なる二人の対談をプレーバックします。

齋藤選手が、三浦半島の葉山にある一照さんの茅山荘を訪れたのは、2016年2月21日のこと。掲載当時、横浜マリノスのトップ選手として活躍していた彼は、これまでのトレーニング法はもちろん、食事の摂り方、日常の過ごし方などを大きく見直すことで、過去になかった新しい感覚が芽生えていた時期だったと思います。

目指すは、もっと広く、果てしない世界……。

一方の藤田一照さんは、身体の世界全般に通じ、既成の仏教の枠にとどまらない活動をしている、自由人。アメリカで17年間、禅の普及に活動してきたバックボーンもあり、斎藤選手にとってとても刺激的な存在だったはず。

「いったいどんな話になるんだろう?」

二人とも、もしかしたら最初はそう思ったかもしれません。しかし、会ってすぐに打ち解け、対話は思いのほか深いところへ展開されていきました。

早朝8時からの坐禅会に参加した後の昼下がり、穏やかな日差しのなかで、ゆっくりと話が始まりました。

取材・構成:長沼敬憲

※pass with heart.(心ある道を歩め):カルロス・カスタネダ『ドン・ファンの教え』より

8世界に向かって開いていく

――
最後に、これからのビジョンについて。世界を向き合うという話をしましたが、齋藤君は現実でも世界に目が向いているよね。
齋藤
やっぱり、いまというものの積み重ねだと思いますね。いまをすごく大事にしようと思っている最中なので、今回の禅もそうだし、いろいろ体験していきたいですね。
一照
いまにベストを尽くしていると、必要なドアが開いていくという感じがわかってくると思いますよ。そういう自分に対する信頼が大事ですね。
齋藤
そうですね。なので、人に会うだけでなく、本をたくさん読んだりとか。最近、『アウト・オブ・リム』を読みました。
一照
おお、シャーリー・マクレーンね。僕らの若い頃に流行っていたやつ。この名前が出るとは思わなかったな。
齋藤
はい(笑)。マリノスの雑誌で自分の読んだ本の一つとして紹介されたんです。たくさん持っていったら、「これは出せない」みたいなのばっかりになっちゃって。
一照
宗教関係の本もまずいの?
齋藤
禅は全然大丈夫です(笑)。
一照
さっきの(カルロス・)カスタネダとか、静かに目撃しているもう一人の自分がいる系はどう?(笑)
齋藤
自分のなかでちょっとずつ一緒になってきているので、読む分には大丈夫だと思います。
一照
マインドというのは、いつも批判をするんですよ。「それじゃダメだ」「そうじゃない」って。驚きがあってはいけないので、自分にとってOKのリストとOKじゃないリストがあって、それでいつも見張っていて、何かまずいことがあると、「そうじゃない、そうじゃない」と言っている。
でも、ハートは好奇心の固まりだから、「そうなの?」「そうなの?」という。発する声が「そうじゃない」というのがマインドだとしたら、ハートは「エッ、そうだったんだ!」という。
(ハートを指して)こっちでやると、どんどん新しいことが前に拓けてくる。そういうアンテナを張っているから、自然と必要なものに出会っちゃう。引き寄せの法則とか呼ばれますが、別に神秘でも何でもなくて。
齋藤
そうですね。僕もそういう世界があることはだいたいわかってきました。
一照
世界に向かって開いているから、どんどん入ってくるんですよ。マインドはそれに影響されたくないんで、さっきも言ったみたいに取捨選択して、外にあるものを内に入れないようにしているんですが、ハートは好奇心があるからいつも開いている。「何でも来てー」みたいな感じで、ウェルカム、ウェルカムで、だからどんどん自分が変わっていくんです。外から影響が入ってきて、それが喜びになっていく。
齋藤
それって、完全にここ2年の僕だと思います(笑)。
一照
そうそう、マインドで生きている人と、ハートフルに生きている人は違うよね、顔つきから、スタンスから全然違う。
――
一緒にいて楽しい人は、確実にハートフルなほうですね。
一照
うん、heart to heartだからさ。マインドって、いつも得か損か取り引きをやっているから、「これでOKかな」「こんなこと言っていいかな」みたいなことで頭が一杯になっている。座禅会に来たらマインドをこっちへ置いておいて、ハートになってほしいよね。
齋藤
自然の世界もハートじゃないですか?
一照
そう、まさにハートですよ。
齋藤
なので、自然のなかに入ると空気が変わるじゃないですか。ここ(茅山荘)もそうでしたけど、入ってフッと変わって、ウワッと驚いて。変わりますよね。
一照
ただ、マインドも必要なので、門から外に出る時はつけてもらってね。
齋藤
はい、現実に戻らないと(笑)。
一照
電車に乗る時はピッをやらないと通れないからね。それはハートでは無理だから。齋藤さんは両方がちゃんとあるから、大丈夫だと思いますけど。
齋藤
することはちゃんとして、ですね。
一照
そうしたら世界のほうがあなたのところにやって来るでしょう。自分から行かなくてもね。本当にそういう感じがしますよ。
――
一照さん、齋藤君にお会いしてどうでしたか?
一照
まさに、サッカーに育てられてきているという感じなんじゃないかね。そういうサッカーとの出会い方をしている感じですね。サッカーに壊されていく人もいるかもしれないけれど、それはサッカーが悪いんじゃない。齋藤さんの場合、自分が育つようにうまくサッカーと出会えた。だから、なくなっても大丈夫です、サッカーがなくなっても(笑)。サッカーだけで人生を生きちゃダメだからね。
齋藤
はい。今日はすごく楽しかったです。どうもありがとうございました。

(おわり)

禅の悟りのプロセスを、牛飼いを主人公にした10の絵で表したもの。牧童が飼っていた牛を見失ってしまい、自己喪失に陥るところから物語が始まる。中国宗代の禅僧、廓庵の手によるものが有名。禅の入門書としても親しまれている。


『僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ』

牛飼いは、探し求めている牛をどうやって見つけ、どう関係を取り戻していったのか? 漫然と歩き続ける旅に飽き、なぜという疑問が湧いてきたのなら、あなたのなかの牛を探してください(「はじめに」より)。「十牛図」をテーマに行った禅僧・藤田一照とエディター・長沼敬憲の対話を収録。身体性の探求、宇宙と生命のつながり、自己とは何かなど、心地よく生きるための哲学が100ページあまりの本に凝縮されている。

TISSUE(ティシュー) Vol.1

[巻頭セッション]内なる「世界」と向き合う
表紙の人=齋藤学
日本のサッカーの未来を背負うドリブラー、齋藤学。
この1年ほどの間に、トレーニング法、食事の摂り方、日常の過ごし方などを大きく見直し、新しいカラダを手に入れた。
肉体改造というとマッチョになるイメージがあるが、彼が手に入れたのは、外部の世界を鋭敏に感じとれる身体性。
彼が歩んでいくこれからの一つの道しるべになれるよう、身体の世界に通じ、アメリカで17年間、禅の普及に活動してきた禅僧、藤田一照さんの茅山荘を訪れたダイアローグ。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

(上)藤田一照 Issho Fujita

1954年、愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター2代所長。著書に『現代坐禅講義―只管打坐への道』、共著に『アップデートする仏教』、訳書に『禅への鍵』『法華経の省察』『禅マインド ビギナーズ・マインド2』などがある。2015年12月、ハンカチーフ・ブックスから『僕が飼っていた牛はどこへ行った? ~「十牛図」からたどる「居心地よい生き方」をめぐるダイアローグ』を刊行した。
http://fujitaissho.info
 
 
(下)齋藤学 Manabu Saito

1990年、神奈川県生まれ。小学生時代から横浜F・マリノスの下部組織に所属。2006年、AFC U-17選手権の代表に選出され、優勝に貢献。2008年、横浜Fマリノスでデビュー。翌2009年にトップチームに昇格した。2011年に愛媛FCにレンタル移籍。開幕戦からチームの主軸として活躍。2012年、マリノスに復帰。以後レギュラーに定着し、トップ選手として活躍。同年7月、ロンドン五輪サッカー日本代表に選出。2013年、東アジアカップ2013で日本代表に初選出、2014年、FIFAワールドカップ日本代表にも選ばれた。2016年、Jリーグアウォーズでベストイレブンに選出。2017年、マリノスのキャプテンとしてチームを牽引。同年9月、試合中の負傷がもとで右膝前十字靭帯損傷。2018年、川崎フロンターレに移籍、負傷を乗り越え、新しいフィールドでプレーを続けている。
https://twitter.com/manabu0037?s=20

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る