世界を旅しながら、目の前に広がる景色とその背後にある神話世界を重ね合わせ、多くの作品を撮りつづけてきたカメラマンの井島健至さん。
2016年5月。これまで国内外の様々な国や地域を訪れてきた井島さんが向かった場所、それがスペインのサンティアゴ巡礼道でした。
聖ヤコブの遺骸が眠るというコンポステーラ(サンティアゴ・デ・コンポステーラ)へと向かう道は、ヨーロッパの各地から枝葉のように伸び、この数千年来、内なる神との邂逅を求める多くの人が歩き続けてきました。
人はなぜ旅をするのか? なぜ歩くのか? 2017年1月、逗子の「シネマアミーゴ」という小さな映画館に井島さんを招き、旅のスライドをたどりながらお話を聞きました。
羽黒修験道、中沢新一、ヴィパッサナー瞑想、南方熊楠……さまざまなエッセンスが重なり合った旅の体験は、アルケミストへの道そのもの。
内なる世界と外なる世界をつなげる、覚醒への旅路をお伝えしていきます。

長沼敬憲(ハンカチーフ・ブックス編集長)

5貝殻を土に埋めた理由

2019年8月15日

――
アルケミスト』では、自己とつながると、そこから無限の力が生まれてくる……それこそが錬金術であると語られているように思うんです。
井島
自己の世界が変わっていくには、まずその世界を信じるとか、惹きつけられるとか、そうしたプロセスが最初にあると思いますが、それはまだ自分の頭の中(意識)で起こっていることですよね。体験を通して、それを確信につなげていく……自分自身の言葉にちゃんと思いを宿していくため、自分が本当にその確信を持ち得ているのか? 自問自答するプロセスがあると思うんです。
――
次のステップとして?
井島
はい。自問自答した時、自分の中に揺らぎが生まれますが、僕の場合、その揺らぎに(ヴィパッサナーで)向き合っていった中で、はっきり確信を持てる瞬間があったわけです。
それで、今度はその確信を実践する、それが自分だけものではなく、現実の中で身体化していくということを歩きながら試していったという。
――
旅をして得た体験をこれからどんな形でシェアしていきたいですか?
井島
中沢さんの貝殻の話に戻るんですが、旅の最後、コンポステーラの街中の木の麓に大事に持っていた帆立貝を埋めたんです。貝そのものは現実的に分解されるものではないですが、自分自身の儀式として、自分の中の価値観を書き換える象徴的なことをやっておきたいと思ったんですね。自分がとらわれ続けてきたものをいったん手放し、発酵、生命原理、生命の律動といったものを中心に据えた場所に立つことで、この世界がどう見えるか? これからの人生できちんと確認していこうと、最後に約束したような気がしています。

サンティアゴ巡礼のシンボルの一つ、帆立貝。地中海から大西洋をまたにかけて布教した聖ヤコブの象徴として知られる。(クリックで拡大)
――
これから巡礼を体験したいという人にメッセージはありますか。
井島
この道を活用するというか……百人いたら百通りの旅があると思いますが、それだけ求めれば求めるだけ応えてくれるような空間であることをまず感じてほしいです。僕が話し出すと自分の内省的な目的にフォーカスされて、話がぎゅっと凝縮されてしまった気がしますが、とても素敵な体験が待っていますので。
――
人生は旅ですよね。旅の中で覚醒していく、そんなお話だったと思います。ありがとうございました。
井島
ありがとうございました。

(おわり)

(2017年1月15日、逗子・シネマアミーゴにて収録)

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

井島健至 Takeshi Ijima

1974年、福岡県生まれ。横浜市立大学国際文化学部を中退後、1999年に渡米。ニューヨークに在住し、写真家の故宮本敬文氏に師事。2003年に帰国後、写真展「風と土~primalgravity」を東京・丸の内にて開催。広告や雑誌で幅広く活躍すると同時に、ライフワークとして「祈り」と「記憶」の痕跡をテーマに旅と撮影を続けている。書籍『ニッポン西遊記』(鶴田真由著)、『神結び 日本の聖地をめぐる旅』、『太陽と月の結び』(相川七瀬著)などにも作品を提供。2015年「懐かしき未来への旅in南砺」で第4回観光映像大賞特別賞を受賞。最新刊に『スペインサンティアゴ巡礼の道 聖地をめざす旅』がある。

\ この記事を掲載しています! /

TISSUE vol.03

TISSUE vol.03
特集:まなざしのいいひと

内容紹介

心根のよいまなざしに、生き方を学びます。様々なジャンル12名のインタビュー・対談・レポートを収録。自分自身が心地よく新しく生きる旅へ。次の一歩の角度を示す道しるべの詰まった一冊です。

¥1,512(税込)

トップへ戻る