近年、腸にまつわる研究が世界的に注目を集めるなか、その重要なキーとして腸内細菌の生態、ヒトの健康との関わりなどが徐々に解明されてきています。

ヒトは食べることでエネルギーを得て、生命活動を営んでいますが、それは単独で成り立っているわけではなく、その背後には腸内細菌をはじめとする目に見えない微生物との協力関係、すなわち「共生」があります。

共生とはわたしとあなた、自己と非自己のコミュニケーション、この世界を一つの生態系として捉えた場合、腸もまたこうしたコミュニケーション空間の一部、いわばこの世界の縮図であることが見えてきます。

TISSUE」では、腸内細菌研究のパイオニアで、「善玉菌」「悪玉菌」の名付け親である光岡知足さん(理化学研究所名誉研究員)の足跡をたどり、氏の提唱する生き方の哲学、発想について紹介してきました。

今回はその特別編として、光岡さんとも親交のある、食品免疫学者の上野川修一さん(東京大学名誉教授)に登場いただき、腸という小宇宙の実態、そして大きく進展する腸内細菌研究のいまについて伺いました。

2017年8月、東京都内で収録。

2腸内細菌も免疫システムの一部?

――
小腸の免疫系だと、いわゆる免疫細胞(抗原提示細胞、T細胞、B細胞など白血球の仲間)によって、異物を捕える抗体がつくられますよね。
上野川
ええ。抗体には様々な種類がありますが、腸のなかでは特にIgA抗体が作られています。
――そうした免疫系は、大腸のほうにどう関わっているんでしょうか?
上野川
菌が体の中に入ってきて、小腸で作られたIgA抗体で対処できたとしても、そこから生き残ったものが大腸に入ってくるわけです。
大腸では、いろいろな菌が共生して生態系をつくっていますから、入ってきた病原菌を優勢な有益菌が容易に増殖させない面があると思うんですね。

それと小腸で作られたIgAが大腸に運ばれる仕組みがあり、病原菌を抑えてくれます。さらに、食べ物のカスである食物繊維を腸内細菌が分解して、酪酸や乳酸を出すことで腸内のpHは酸性になります。こうした食べ物との関わりによって、結果的に病原菌の増殖を抑える働きもあると考えられています。

――
だとすれば、腸内細菌も免疫の役割を担っていると言えますね?
上野川
ああ、確かにそうかもしれませんね。実際、抗生物質で腸内細菌を除くと、腸の働きが低下することが知られています。腸内細菌はただ腸に棲んでいるだけでなく、宿主側にも様々な良い影響を与えていると考えられます。
――
宿主と菌、両者の間で取り引きが成り立っている?
上野川
ええ。共生の本質が何かということについて、これからいろいろと研究が進んでいくと思いますよ。共生の仕組みがわからないと、共生が崩壊、破綻することで病気が起こるという体の仕組みもわからないからです。
私たちの体は、共生によって恒常性(ホメオスタシス)を保っており、健康が維持されています。生活習慣の乱れ、ストレスなどが重なることで「共生→恒常性」が破綻してくると、腸内に限らず、生体の様々な機能に悪い影響を与えてしまうことになるのです。
――
腸内フローラの状態が健康や病気と相関関係があると考えられているのは、それゆえですね。
上野川
ええ。「どの菌が体にどう影響するか?」ということまではなかなか言えないと思いますが、一人ひとりの腸内フローラを「こんな環境で生活している人はこんな腸内細菌叢をしている」といった視点で調べている研究が多くあり、興味深い報告がされています。
――
人によって傾向が違っても何かしら共通点があると。
上野川
僕の場合、これまで食の機能、免疫の機能の研究をしてきました。そういった立場から、これからは我々が生命を維持するために摂っている食、腸内細菌群の摂っている食の両面を考えることが大事だと思っています。
食は生命ですから、「健康を得るには腸内細菌が何を食べると我々と共利共生の状態が保てるのか?」という視点が非常に重要になってくるでしょう。
――
普通は食べるというと「自分」のためだけしか考えないですよね。
上野川
ええ。要するに、腸内細菌のためにも食べてあげないといけない時代になってきたということです。

(つづく)

2017年8月、東京都内で収録。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

上野川修一 Shuichi Kaminogawa

1942年、東京都出身。東京大学名誉教授。農学博士。東京大学農学部農芸化学科卒業。同大助手、助教授を経て、2003年まで東京大学大学院農学生命科学研究科教授。2012年まで日本大学生物資源科学科教授。食品アレルギーや腸管免疫のしくみ、腸内細菌のからだへの影響などの研究に従事。日本農芸化学会会長、内閣府食品安全委員会専門委員会座長、日本ビフィズス菌センター(腸内細菌学会)理事長を歴任。現在、日本食品免疫学会会長。紫綬褒章、国際酪農連盟賞、日本農芸化学会賞等を受賞。著書に、『からだの中の外界 腸のふしぎ』(講談社ブルーバックス)、『免疫と腸内細菌』(平凡社)、『からだと免疫のしくみ』(日本実業出版社)など多数。食アレルギー、腸管免疫、腸内細菌などに関する研究論文多数。


背景写真 by Jean-Philippe Delberghe on Unsplash

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る