近年、腸にまつわる研究が世界的に注目を集めるなか、その重要なキーとして腸内細菌の生態、ヒトの健康との関わりなどが徐々に解明されてきています。

ヒトは食べることでエネルギーを得て、生命活動を営んでいますが、それは単独で成り立っているわけではなく、その背後には腸内細菌をはじめとする目に見えない微生物との協力関係、すなわち「共生」があります。

共生とはわたしとあなた、自己と非自己のコミュニケーション、この世界を一つの生態系として捉えた場合、腸もまたこうしたコミュニケーション空間の一部、いわばこの世界の縮図であることが見えてきます。

TISSUE」では、腸内細菌研究のパイオニアで、「善玉菌」「悪玉菌」の名付け親である光岡知足さん(理化学研究所名誉研究員)の足跡をたどり、氏の提唱する生き方の哲学、発想について紹介してきました。

今回はその特別編として、光岡さんとも親交のある、食品免疫学者の上野川修一さん(東京大学名誉教授)に登場いただき、腸という小宇宙の実態、そして大きく進展する腸内細菌研究のいまについて伺いました。

2017年8月、東京都内で収録。

3脊椎動物の腸の進化をたどる

――
そこで質問なのですが、小腸の免疫が活性化した状態と大腸の腸内フローラが調和した状態、そこにはどんな相関関係があるのでしょうか?
上野川
「腸は第2の脳」と呼ばれているように、とても複雑で精巧にできていますが、そこには腸内細菌の働きも関係しているでしょう。そう考えたら、複雑なシステムという点で、「第2の脳」どころじゃないかもしれません。大前提として、そうした認識が必要ですね。
――
本当に大げさではなく、ここに宇宙があるくらいの感じ?
上野川
僕自身、いつも「腸は宇宙だ」って言ってきました。あるテレビ番組(NHK『爆笑問題のニッポンの教養』)で腸と腸内細菌の話をしましたが、その時にもそう言いましたね(笑)。
――
言い得て妙と言うか、まさにその通りだと?
上野川
そう思いますよ。腸という器官を、宇宙といういろいろなものが詰まった広い空間としてたとえているわけですが。
――
なるほど。そこで、大腸の話に戻るわけですが、小腸はいわゆる宿主のための器官ですが、大腸はどちらかと言うと腸内細菌のための……。
上野川
人間のためでもあるけれども、腸内細菌のための場所でもあるということですね。この関わりを知るには、動物の腸の進化の歴史をたどらなければならないと思い、4年ほど前に『からだの中の外界 腸のふしぎ』(講談社ブルーバックス)という本のなかで書きました。
――
拝読していますが、とても面白い本だと思いました。
上野川
そう言っていただけると嬉しいですが、でも、自分の勉強のために書いたんですよ。「食とは何か?」ということを生物学的視点から書きたいという思いもありましてね。
――
生物学的な視点というのは?
上野川
「腸は何のためにあるのか?」というと、基本的には食をとるためにあるわけです。では、食の根源を考えるにはどうすればいいかというと、腸の進化の過程を考えることが必要になってくる。
ですから、同じ論理で腸内細菌とは何かを考えた場合、腸内細菌が共生するようになった起源や進化の過程から考えないとわからない、という立場に最近はなってきているんです。
――
本の冒頭で、そのあたりを丁寧に言及されていますね。消化の仕組みとかすごく面白かったです。脊椎動物でも全部違うのかと驚かされました。
上野川
そういう視点からだと、(同じ腸でも)大腸と小腸は違うものだと言えるかもしれません。大腸が形成されるようになるのは、生物が上陸してからだと考えられているんです。
――
両生類からでよろしいでしょうか?
上野川
ええ。まず、海の中で生命が生まれたと言われていますね。脊椎動物の場合も、たとえば水の中で魚類が生まれ、両生類が陸へ上がってくるわけでしょう? その過程で免疫的な働きがどう変わっていったのか? 腸内細菌との共生はどのように成立したのか? そもそも、大腸とはいったい何なのか?
――
そうですね。大腸という器官は進化の途中から形成されて、そこに腸内細菌が棲むようになって。
上野川
先ほどもお話ししましたが、最初は(嫌気性細菌の)単なる逃げ場だったとも言われています。両生類以下の大腸のない動物にも特徴のある腸内細菌が棲んでいますから、まだわからないことも多いですが……。
――
免疫自体はもっと前からできていたわけですよね。食が始まった段階で免疫ができていないとまずいでしょうから、生命の誕生とかなり重なり合っているのではと感じます。
上野川
消化吸収が先なのか、免疫が先なのか、そのあたりはハッキリとわかりませんが、たとえば、アメーバのような単細胞生物は、食細胞のように細菌も食べて、栄養も取り入れるわけです。両方の役割をしていたんですね。

(つづく)

2017年8月、東京都内で収録。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

上野川修一 Shuichi Kaminogawa

1942年、東京都出身。東京大学名誉教授。農学博士。東京大学農学部農芸化学科卒業。同大助手、助教授を経て、2003年まで東京大学大学院農学生命科学研究科教授。2012年まで日本大学生物資源科学科教授。食品アレルギーや腸管免疫のしくみ、腸内細菌のからだへの影響などの研究に従事。日本農芸化学会会長、内閣府食品安全委員会専門委員会座長、日本ビフィズス菌センター(腸内細菌学会)理事長を歴任。現在、日本食品免疫学会会長。紫綬褒章、国際酪農連盟賞、日本農芸化学会賞等を受賞。著書に、『からだの中の外界 腸のふしぎ』(講談社ブルーバックス)、『免疫と腸内細菌』(平凡社)、『からだと免疫のしくみ』(日本実業出版社)など多数。食アレルギー、腸管免疫、腸内細菌などに関する研究論文多数。


背景写真 by Jean-Philippe Delberghe on Unsplash

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る