タイトルを直訳すると、「あなたの骨を感じよう」。それが英語では、「直観に従おう」という意味になります。骨と直観的なものを結びつける感覚……。不思議に思うかもしれませんが、日本人も古くから骨という言葉に大事な意味を託してきました。

たとえば、「骨がある」「気骨がある」「骨を拾う」……どれも精神との深い関わりを連想させます。つまり、目には見えない骨にこそ、その人の根本を支える大事な魂が宿っている。その骨を効果的に活用することで、パフォーマンスを劇的に向上させるメソッドが「骨ストレッチ」です。

創始者の松村卓さんと出会い、いくつかの縁がつながれていくことで、最初の本を世に送り出したのが2011年。2016年4月に収録した今回のインタビューでは、最初の本の撮影の舞台となった東京の代々木公園で松村さんと落ち合い、ゆっくりと過去・現在・未来へといたる道のりをたどっています。インタビューから3年経ったいま、当時を改めて振り返ってみましょう。

4「強迫観念」から自由になる

2019年12月19日

――
松村先生は、かつては陸上競技の短距離走者でしたよね。現役の頃、そういう感覚は?
松村
恥ずかしながら、なかったですね。というより、違和感を持つことは弱いことだと思っていましたから。
――
弱い?
松村
ええ。たとえば、腹筋運動をやったり、体幹トレーニングをやったり、速く走りたい一心でいろいろなことをやりますよね。いまならば、体がプルプル震えてきたら、「やめてくれー」って悲鳴をあげているのがわかりますが、当時はこれを克服したら強くなれると思っていた。身体の違和感よりも、脳の価値観が勝っていたんです。
――
そういうふうにトレーニングをしている人って、多いですよね。
松村
多いですね。そういう経験をすることも自分には必要だったと、いまでは思っていますけれど、本当に頑張りましたね(笑)。
――
医師の土橋重隆先生は、そうした価値観の呪縛を「マジック」と呼んでいますね。マジックが解けると生き方が変わり、考え方が変わり、場合によっては病気も治ると。先生のマジックが解けたのは、そもそもいつだったんでしょうか?
松村
やっぱり、骨ストレッチが生まれた頃なんでしょうね。そこに至る過程ですでに変化は始まっていたと思いますが……。
――
スポーツの世界から古武術の世界へ向かっていくことで、それまでのトレーニングで身につけてきた常識が覆されていった。
松村
そうですね。結局、筋トレしていないのに強い力が出せるとか、俊敏に動けるとか、筋トレ一筋だった自分からしたら、そうした体験の一つ一つがありえないわけですよ。でも、実際に身体で試していくと、そうした結果が出る。だから、頭の中が切り替わっていくわけです。
――
衝撃というか、革命が起きていったような感じだったのでは?
松村
陸上競技をやっていると、「プロテインを飲まないと強くなれない」みたいな考えがあるじゃないですか。
――
現役のころ、飲んでいたんですよね?
松村
飲んでいましたよ。プロテイン牛乳命でしたから(笑)。そうしないと筋肉がつかないと思っていた。でも、骨の使い方を知っていくことで、そういう考えが心の中からさーっと消えたんですよ。それまでは、プロテインを飲まないといけない、筋トレをしないといけない。練習を休んではいけない……そういう強迫観念ばかりでしたね。
――
練習しなきゃ、勝たなきゃという価値観から解放されたら、本当にラクですよね。
松村
ええ。先日、講習会に参加された方が、「先生の研究レポート見て感動しました」って話しかけてこられて。バレーボールをやっていると言っていましたが、「僕の人生を書いてくれた感じです。だから、信じてみようと思ったんです」って言われて、とても嬉しかったですね。
――
ここだけの話、研究レポートは必見ですね。あまり宣伝されていませんけど、先生のホームページに掲載されているので、読まれたほうがいいと思いますね。
松村
ありがとうございます。
――
僕もこのレポートが更新されるたびに読んでいました。それがあったから興味が持続して、最初の本の出版につながったんだと思います。
松村
健康雑誌の取材で初めてお会いして2年が経っていましたから、メールをいただいた時はすぐに顔が浮かびませんでしたけれど(笑)。
――
そうですよね。出版社の方との会話の中で、たまたま名前が出たんです。当時は「骨整体」と呼ばれていましたが、「それいいね!」という話になり、すぐにゴーサインが出て……。
松村
いやあ、あれにはびっくりしました。本当に自分の本が出せるのかと半信半疑でしたから。

(つづく)

インタビューは、2016年4月、東京・代々木にて収録(哲学系インタビューBOOK「TISSUE Vol.1」より転載)。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

松村卓 Takashi Matsumura
1968年、兵庫県生まれ。中京大学体育学部体育学科卒業。陸上短距離のスプリンターとして活躍。100mの最高タイムは10秒2(追風2.8m)。北海道国体7位、東日本実業団4位、全日本実業団6位などの実績を持つ。現役引退後、ケガが絶えなかった現役時代のトレーニング法を根底から見直し、筋肉ではなく骨の活用法に重点を置いた画期的なストレッチ法「芯動骨整体(骨ストレッチ)」を創始。体幹部を効果的に活用できる「骨ストレッチ・ランニング」「骨ストレッチ・ゴルフ」などを生み出し、全国で講習会を開催するほか、独自の「WTラインシューズ」を開発。著書に、ベストセラーになった『ゆるめる力 骨ストレッチ』(文藝春秋)、甲野善紀氏との対談『「筋肉」よりも「骨」を使え!』(ディスカヴァートウェンティワン)などがある。2019年12月、スポーツ全般をテーマにした『骨ストレッチでスポーツ〜しなやかに動けるからだへ』(阿部出版)を刊行。http://www.sportcare.info

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る