タイトルを直訳すると、「あなたの骨を感じよう」。それが英語では、「直観に従おう」という意味になります。骨と直観的なものを結びつける感覚……。不思議に思うかもしれませんが、日本人も古くから骨という言葉に大事な意味を託してきました。

たとえば、「骨がある」「気骨がある」「骨を拾う」……どれも精神との深い関わりを連想させます。つまり、目には見えない骨にこそ、その人の根本を支える大事な魂が宿っている。その骨を効果的に活用することで、パフォーマンスを劇的に向上させるメソッドが「骨ストレッチ」です。

創始者の松村卓さんと出会い、いくつかの縁がつながれていくことで、最初の本を世に送り出したのが2011年。2016年4月に収録した今回のインタビューでは、最初の本の撮影の舞台となった東京の代々木公園で松村さんと落ち合い、ゆっくりと過去・現在・未来へといたる道のりをたどっています。インタビューから3年経ったいま、当時を改めて振り返ってみましょう。

5「筋肉」よりも「骨」を使え!

2019年12月19日

――
最初に取材した時点で、骨ストレッチの原型は完成されていましたし、先生ご自身、筋肉一筋の世界からは完全に離れていましたよね。
松村
正直な話、いまはわかるんですよ。自分はずっと筋肉に居着いていたんだなって。居着かなくなって、自由になれたんです。
――
筋トレが悪いとかそういう話ではなく、居着いていた、つまりそこに執着していたことに問題があったのだと。
松村
たとえば、ゴルフ界でもいまのトレーニングを続けるだけでは伸び代がないって、みな気づいているらしいんです。
――
レッスンプロの人たちも?
松村
ええ。でも、「では、どうしたらいいか?」という新しい引き出しを持っていない。だから、とりあえずやっている。
――
何もやらないわけにはいきませんからね。
松村
それしか習ってきてないから、それがすべてだと思って、新しい発想ができないわけですね。で、体が壊れたら整体に行けと(笑)。
――
うーん、それが現実かもしれません。
松村
そこから抜け出す答えは、すべて骨ストレッチにある。そういう確信があるから、僕は骨ストレッチを日本中、世界中に伝えていきたいと思って奮起しているわけなんです。
――
先生と話していると、それが本当に実現できる気がしてきます。
松村
ええ、できるんですよ。できると思っていればできるんです。そして、やめなければたどり着けます(笑)。
――
最初の本が有難いことに好評で、2013年に2冊目の『骨ストレッチ・ダイエット』が出て、次に『「骨ストレッチ」ランニング』が出て、そうやってコツコツと出版を重ねるなかで、大きな転機になったのが、4冊目の『「筋肉」より「骨」を使え!』でしたね。
松村
すごかったですよね。あの本が出て、たくさんの方に読んでいただいて、講習会の参加者が一気に増えたんです。
――
武術の師匠であった甲野善紀先生との対談というのも感慨深かったと思いますが、それ以上に嬉しかったのが、それまで読んでくれなかった層の人たちから「面白い」「すごい」と感想がいただけたことでした。
松村
出会いの幅が広がりましたよね。
――
講習会にも、いろいろな分野の方が……。
松村
やっぱり、スポーツをやっていると真面目な人ほど壊れていくんです。勝ちたい、強くなりたい、ライバルに抜きん出たい……そういう人ほど努力する。できないのは自分が弱いからだと思って、体が悲鳴をあげているのにトレーニングして壊れちゃう。それで、「いいと言われていることをこんなにやっているのになぜ勝てないんだ、怪我するんだ?」ってなったときに、本当の答えを探すようになるんですよ。
――
そうやって骨ストレッチを探しだして、講習会で先生の実技を見てびっくりする。目からウロコが落ちる(笑)。
松村
「ボク、17歳で〜す」とか言うけど、だれも笑ってくれない。
――
笑えないですよ、先生の動きを見たら。
松村
怖いもの見たさに講習会に来てみたら、なんじゃここはと(笑)。
――
真面目な人ほど行き詰まるということは、手を抜くのを上手だったり、ほどほどに練習をしていたりする人のほうが、かえってパフォーマンスが発揮できているのかもしれませんね。
松村
すべての人がそうだとは言い切れませんが、そういう面はあると思いますね。たとえば、丸山茂樹さんというゴルファーがいましたよね? 日本で活躍したあと、アメリカに行って3勝ぐらいして。アメリカでそれだけ勝てたのは彼くらいだそうですが、「もっと強くなりたい」と筋トレで肉体改造を始めたら調子を崩し、どんどん成績が落ちていったという。
――
丸山さんは、日本にいるときはいつも笑顔で、いい感じにゆるんでいましたが、アメリカで調子を崩されたんですね。
松村
石川遼くんも「ハニカミ王子」だったのが、いろいろとトレーニングを取り入れ、フィジカルを鍛えるなかで、だんだん苦しい顔をするようになった。野球界でも、高校時代の斎藤佑樹投手はとても柔らかかった。ところが筋トレをしたら硬くなってしまい……。
――
ハニカミ王子に、ハンカチ王子。何とか王子ブームじゃないけど、みんないい具合にゆるんでいるという共通点があって、そこに人を癒す魅力があったと思うんですね。それがフィジカルを鍛えることで、ちょっと違う世界に行ってしまったみたいな印象がありますね。

(つづく)

インタビューは、2016年4月、東京・代々木にて収録(哲学系インタビューBOOK「TISSUE Vol.1」より転載)。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

松村卓 Takashi Matsumura
1968年、兵庫県生まれ。中京大学体育学部体育学科卒業。陸上短距離のスプリンターとして活躍。100mの最高タイムは10秒2(追風2.8m)。北海道国体7位、東日本実業団4位、全日本実業団6位などの実績を持つ。現役引退後、ケガが絶えなかった現役時代のトレーニング法を根底から見直し、筋肉ではなく骨の活用法に重点を置いた画期的なストレッチ法「芯動骨整体(骨ストレッチ)」を創始。体幹部を効果的に活用できる「骨ストレッチ・ランニング」「骨ストレッチ・ゴルフ」などを生み出し、全国で講習会を開催するほか、独自の「WTラインシューズ」を開発。著書に、ベストセラーになった『ゆるめる力 骨ストレッチ』(文藝春秋)、甲野善紀氏との対談『「筋肉」よりも「骨」を使え!』(ディスカヴァートウェンティワン)などがある。2019年12月、スポーツ全般をテーマにした『骨ストレッチでスポーツ〜しなやかに動けるからだへ』(阿部出版)を刊行。http://www.sportcare.info

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る