タイトルを直訳すると、「あなたの骨を感じよう」。それが英語では、「直観に従おう」という意味になります。骨と直観的なものを結びつける感覚……。不思議に思うかもしれませんが、日本人も古くから骨という言葉に大事な意味を託してきました。

たとえば、「骨がある」「気骨がある」「骨を拾う」……どれも精神との深い関わりを連想させます。つまり、目には見えない骨にこそ、その人の根本を支える大事な魂が宿っている。その骨を効果的に活用することで、パフォーマンスを劇的に向上させるメソッドが「骨ストレッチ」です。

創始者の松村卓さんと出会い、いくつかの縁がつながれていくことで、最初の本を世に送り出したのが2011年。2016年4月に収録した今回のインタビューでは、最初の本の撮影の舞台となった東京の代々木公園で松村さんと落ち合い、ゆっくりと過去・現在・未来へといたる道のりをたどっています。インタビューから3年経ったいま、当時を改めて振り返ってみましょう。

8「自由自在」から「変幻自在」へ

2019年12月19日

――
骨ストレッチで柔軟性を高め、骨身に任せて身体を動かせるようになると、水のように感じられるということですね。
松村
いまはそういう意識で身体を探求している感じですね。長沼さんと、「自由自在」の話をしたじゃないですか。
――
ええ。自由自在であるということは、「自分が在るから自由なのだと」、そういうとらえ方をされていました。
松村
ほとんどの人は、自由ばかりを追い求めていますよね。でも、自由になりたいと思っている時って、他人と比較して、何かが足りないと思っていることが多いと思いませんか?
――
いまいる場所、いまの自分を否定して、何かになることで自分を解放させたいっていう感覚かもしれません。
松村
そういう自由を求めているうちは、いくら頑張っても、不思議なことに不自由になっていくんですよ。だから、そこから抜け出すために、ぜひ自在を求めてほしいと思うんですね。
――
自在とは、「自分在りき」ということだと。
松村
人と比較なんかせず、自分のやりたいと思うことを脇目も振らず、とことんやればいいんです。本来の自分の姿を求めて生きる、つまり自在を求めて生きれば、自由になっていける。
――
それが自由自在の意味だということですね。
松村
で、自由自在の次は、「変幻自在」だと思うんです。つまり、身体は水だと言った瞬間、自分の意識のなかにある水が反応するわけです。ダムの水なのか、川のせせらぎの水なのか、大河の一滴となる水なのか……一人一人違っていますが、その人のなかの水が、変幻自在に現れる。骨が水でもいいというのはそういうことです。
――
先生にとって、骨はどんな水なんですか?
松村
うまく伝わるかわかりませんが、僕は不二家のミルキーバーのイメージですね(笑)。なめると溶けていき、曲がるじゃないですか。ミルキーバーのように肋骨を動かしているんです。
――
なるほど。そうした気づきはいつ頃から出てきたんですか?
松村
長沼さんと出会った頃だから、もう5年前ですかね。ただ、あの時はまだこれはできませんでしたけどね。
――
ああ、「ど根性ガエル」のぴょん吉!(胸の一帯がTシャツから飛び出さんばかりに動くぴょん吉さながらに躍動するのを目にしながら)これ、いつ見てもすごいですよね。
松村
アスリートやダンス関係の人がこれを見ると、目が点になりますよね。体幹って、あんなに動かせるのかと。
――
動いてしまうんですね(笑)。
松村
逆になぜ動かないのか? それは、動けなくなるようなトレーニングをしてきたからなんです。良かれと思って続けた筋トレやストレッチで硬化してしまった筋肉をまずほぐし、身体の骨組みが楽に使えるようになると、こうした動きも可能になってくるんです。

(つづく)

インタビューは、2016年4月、東京・代々木にて収録(哲学系インタビューBOOK「TISSUE Vol.1」より転載)。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

松村卓 Takashi Matsumura
1968年、兵庫県生まれ。中京大学体育学部体育学科卒業。陸上短距離のスプリンターとして活躍。100mの最高タイムは10秒2(追風2.8m)。北海道国体7位、東日本実業団4位、全日本実業団6位などの実績を持つ。現役引退後、ケガが絶えなかった現役時代のトレーニング法を根底から見直し、筋肉ではなく骨の活用法に重点を置いた画期的なストレッチ法「芯動骨整体(骨ストレッチ)」を創始。体幹部を効果的に活用できる「骨ストレッチ・ランニング」「骨ストレッチ・ゴルフ」などを生み出し、全国で講習会を開催するほか、独自の「WTラインシューズ」を開発。著書に、ベストセラーになった『ゆるめる力 骨ストレッチ』(文藝春秋)、甲野善紀氏との対談『「筋肉」よりも「骨」を使え!』(ディスカヴァートウェンティワン)などがある。2019年12月、スポーツ全般をテーマにした『骨ストレッチでスポーツ〜しなやかに動けるからだへ』(阿部出版)を刊行。http://www.sportcare.info

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る