タイトルを直訳すると、「あなたの骨を感じよう」。それが英語では、「直観に従おう」という意味になります。骨と直観的なものを結びつける感覚……。不思議に思うかもしれませんが、日本人も古くから骨という言葉に大事な意味を託してきました。

たとえば、「骨がある」「気骨がある」「骨を拾う」……どれも精神との深い関わりを連想させます。つまり、目には見えない骨にこそ、その人の根本を支える大事な魂が宿っている。その骨を効果的に活用することで、パフォーマンスを劇的に向上させるメソッドが「骨ストレッチ」です。

創始者の松村卓さんと出会い、いくつかの縁がつながれていくことで、最初の本を世に送り出したのが2011年。2016年4月に収録した今回のインタビューでは、最初の本の撮影の舞台となった東京の代々木公園で松村さんと落ち合い、ゆっくりと過去・現在・未来へといたる道のりをたどっています。インタビューから3年経ったいま、当時を改めて振り返ってみましょう。

10「小顔メソッド」で全身がほぐれる?

2019年12月19日

松村
最近考案した「小顔メソッド」は、この顔と身体のつながりを応用したものなんです。
――
小顔メソッドと言っても、顔だけを動かすのではないわけですね。
松村
美容法やダイエット法として切り取ると、小顔がキーワードになりますが、全身が連動することになりますから、実際はスポーツや武術の高いレベルの動きにつながってくるんです。
――
骨ストレッチも、いよいよ顔の骨にアプローチするようになったわけですね。カギは、顔の中央にある蝶形骨だと伺っていますが……。
松村
蝶形骨が動くと骨盤が動くわけです。骨盤の要にあるのが、仙骨ですよね。こうした全身の骨のつながりが体感できるとアスリートの動作が一変するわけですが、それと同時に顔のこわばりもほぐれるんですね。
――
そこが小顔の美容にもつながると。
松村
私自身もびっくりしましたが、ほおや首筋がひきしまる、女性がとても喜ぶメソッドになるんですよ。
――
メソッド自体はすごく簡単ですからね。またブームになってしまいそうですね(笑)。逆に言うと、ほとんどの人は顔と身体が連動できていない?
松村
できていないですよ。たとえば、世界記録を連発していた、いちばん調子が良かった頃のウサイン・ボルトは、身体と一緒に顔が動いていましたよね。体幹が上下にダイナミックに動くのに合わせて、顔も左右に揺れて、まさに全身を使って走れていました。
――
でも、変わったフォームだと言われていたくらいですから、真似しようとは発想しません。要は、彼は特別なんだと。
松村
そういう言い方になりますよね。私からしたら、(顔の動きが身体から分離され)不自由になってしまったのは、頭でっかちになりすぎた人類のツケなのかなと感じますけどね。
――
よく全身運動って言い方をしていますけど、不適切なトレーニングで身体を硬化させてしまっているので、そもそも身体が使えてない。なおかつ、顔となると、その身体からも分離されてしまっている。年を経るごとに、骨ストレッチも新しい領域に入ってきましたね。
松村
そうですね。骨ストレッチをやればやるほど、身体がほぐれればほぐれるほど、身体が教えてくれるんです。無駄なことしなくていいよと。
――
いかに無駄なことをして、エネルギーを浪費しているかということですね。
松村
ええ。講習会には空手やボクシングのプロの方が参加されることもありますが、「幻肢メソッド」でパンチのデモンストレーションをすると、誰も避けられません。
――
ああ、幻肢というのは、脚が切断されたのにあると思ってしまうという……。
松村
つまり、脳に脚を動かしていた神経が残っているから、実際にはないのにあるものと思い込んでしまう。だったら、逆にあるのにないって思えるはずだと、僕のほうでもじったんです。
――
パンチで言えば、腕がないと思うわけですね。
松村
腕がないのに殴れと言えば、もう腕の部分をワープして体幹から動かすしかないですよね。だから、動作が短縮できる。腕があるのに腕で殴ろうというのではなく、身体全身で殴っていく。神経プログラムが変えられるのかどうかわかりませんが、動きの質は明らかに変化します。

(つづく)

インタビューは、2016年4月、東京・代々木にて収録(哲学系インタビューBOOK「TISSUE Vol.1」より転載)。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

松村卓 Takashi Matsumura
1968年、兵庫県生まれ。中京大学体育学部体育学科卒業。陸上短距離のスプリンターとして活躍。100mの最高タイムは10秒2(追風2.8m)。北海道国体7位、東日本実業団4位、全日本実業団6位などの実績を持つ。現役引退後、ケガが絶えなかった現役時代のトレーニング法を根底から見直し、筋肉ではなく骨の活用法に重点を置いた画期的なストレッチ法「芯動骨整体(骨ストレッチ)」を創始。体幹部を効果的に活用できる「骨ストレッチ・ランニング」「骨ストレッチ・ゴルフ」などを生み出し、全国で講習会を開催するほか、独自の「WTラインシューズ」を開発。著書に、ベストセラーになった『ゆるめる力 骨ストレッチ』(文藝春秋)、甲野善紀氏との対談『「筋肉」よりも「骨」を使え!』(ディスカヴァートウェンティワン)などがある。2019年12月、スポーツ全般をテーマにした『骨ストレッチでスポーツ〜しなやかに動けるからだへ』(阿部出版)を刊行。http://www.sportcare.info

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る