タイトルを直訳すると、「あなたの骨を感じよう」。それが英語では、「直観に従おう」という意味になります。骨と直観的なものを結びつける感覚……。不思議に思うかもしれませんが、日本人も古くから骨という言葉に大事な意味を託してきました。

たとえば、「骨がある」「気骨がある」「骨を拾う」……どれも精神との深い関わりを連想させます。つまり、目には見えない骨にこそ、その人の根本を支える大事な魂が宿っている。その骨を効果的に活用することで、パフォーマンスを劇的に向上させるメソッドが「骨ストレッチ」です。

創始者の松村卓さんと出会い、いくつかの縁がつながれていくことで、最初の本を世に送り出したのが2011年。2016年4月に収録した今回のインタビューでは、最初の本の撮影の舞台となった東京の代々木公園で松村さんと落ち合い、ゆっくりと過去・現在・未来へといたる道のりをたどっています。インタビューから3年経ったいま、当時を改めて振り返ってみましょう。

11筋肉は「力の通り道」

2019年12月19日

――
腕の重さをまったく感じなくなることで、体幹部にある、パンチを生み出す原動力そのものが相手に伝わるという。
松村
腕で力を作るのをやめ、ただ力の通り道に徹するんですよ。筋肉は力を生み出すところじゃなく、力の通り道なんですね。
――
ただ理屈はわかっても、普通は腕を動かそうとしてしまいますよね?
松村
難しいと言えば難しいですが、身体の中心から動けばいんだということがわかってくると、それまでの予想を超えた動きができるようになるんです。どんなスポーツでも骨が動き、身体の中心が動けば、すべての部位が連動し、強く速い力が生まれる。わかるというのが大げさなら、コツがつかめたくらいでもいいですが。
――
コツと呼ばれるものの大元のようなお話に思えます。
松村
中心、中心って、皆さん、体幹とか軸を作って身体を動かそうとするわけですが、それは中心ではないと思いますね。言葉にはできない、身体のもっと奥深いところからエネルギーが出ているわけで、それを感じることが大切なんです。
――
先生のなかでは、それはどのくらい概念化できているんですか?
松村
うーん、そうですね。たぶん同じことを指揮者の人はやっていますよね。たとえば、小沢征爾さんとお話ができたら、きっと同じ感覚が共有できる気がします。ただ身体の末端でタクトを振る人と、(身体の中心を指しながら)ここにつながって、ここからタクトが振れる人と、存在感もそうですし、何より迫力が違うでしょう?
――
スタート地点から全然違っているんでしょうね。わかるかわからないかで、天と地の差が出てしまうと思います。
松村
骨ストレッチって、動作をすることでその人が勝手に身体の内側とつながって、「ああこうすればいいんだ」って自分で答えが出せるから、一生の宝になるんですよ。教わったんじゃなく、自分で理解したから、いろいろなことに応用していける。そこで展開される差は、おっしゃる通り、天と地でしょうね。
――
先生は、陸上のスプリンターだった現役時代、筋肉を徹底的に鍛え、いわば筋肉の世界の終着駅まで突き進んでいったわけですよね。そこまでとことんされてきたから、「陰極まれば陽」というか、それまでと真逆の世界に反転し、骨の世界につながってしまったと。
松村
本質を知るには、両極を知らないとならないと思います。筋肉という前輪だけで走ってきたのだとしたら、そこに骨という後輪を足してほしいですよね。前輪と後輪がまわるから車がスムーズに動くんです。
――
後輪のほうが、むしろ大事そうですね。
松村
実際、後輪を大きくしたほうがラクに動かせますね。逆に前輪が大きかったら大変でしょう?
――
それに気づくには、一つのことにとことん打ち込む必要がある?
松村
とことんやったほうがいいですね。私自身、筋トレが大好きだったので、頑張って続けている人の気持ちはよくわかります。自分のやっていたレベルが低いって言われたらそれまでですが、世の中のスーパーアスリートも、結局、身体を壊してしまうことが多いですよね?
――
身体を大きくして、パワーアップして、いまよりも強くなりたい、記録を出したい……必ずたどる道なんですかね?
松村
先日、タイガー・ウッズのデビュー当時の写真を見たんですが、いまと比べたら全然ガリガリで、でも、「ダブルT」(=松村氏が指導している骨身にまかせた、踏ん張らない立ち方)で立っているんですよ。
――
ああ、やはり天性の素質があったんですね。
松村
それが、ウエイトトレーニングを取り入れ、身体を大きくしていったら、あちこち故障しはじめて、いまボロボロでしょう?
――
そういう話は僕もたくさん耳にしますが、その一方で、筋力アップして成功している人もいます。
松村
何人に一人かはわかりませんが、筋トレをしても弾力性が失われない、いい筋肉を持っている人はいると思います。でも、その人のやり方が万人に通用するとは思えないですね。
――
筋トレそのものを否定しているわけではない?
松村
先ほどの土橋重隆先生もおっしゃっていますが、「何事も長所半分、短所半分」。だから、うまくやれている人もいると思いますが、その一方で、怪我をして泣いた人がどれだけいたか? 筋トレ、体幹トレで身体を固めてしまって、怪我や故障で心まで固まってしまってね。
――
むしろ、そのほうが多いかもしれませんね。

(つづく)

インタビューは、2016年4月、東京・代々木にて収録(哲学系インタビューBOOK「TISSUE Vol.1」より転載)。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

松村卓 Takashi Matsumura
1968年、兵庫県生まれ。中京大学体育学部体育学科卒業。陸上短距離のスプリンターとして活躍。100mの最高タイムは10秒2(追風2.8m)。北海道国体7位、東日本実業団4位、全日本実業団6位などの実績を持つ。現役引退後、ケガが絶えなかった現役時代のトレーニング法を根底から見直し、筋肉ではなく骨の活用法に重点を置いた画期的なストレッチ法「芯動骨整体(骨ストレッチ)」を創始。体幹部を効果的に活用できる「骨ストレッチ・ランニング」「骨ストレッチ・ゴルフ」などを生み出し、全国で講習会を開催するほか、独自の「WTラインシューズ」を開発。著書に、ベストセラーになった『ゆるめる力 骨ストレッチ』(文藝春秋)、甲野善紀氏との対談『「筋肉」よりも「骨」を使え!』(ディスカヴァートウェンティワン)などがある。2019年12月、スポーツ全般をテーマにした『骨ストレッチでスポーツ〜しなやかに動けるからだへ』(阿部出版)を刊行。http://www.sportcare.info

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る