タイトルを直訳すると、「あなたの骨を感じよう」。それが英語では、「直観に従おう」という意味になります。骨と直観的なものを結びつける感覚……。不思議に思うかもしれませんが、日本人も古くから骨という言葉に大事な意味を託してきました。

たとえば、「骨がある」「気骨がある」「骨を拾う」……どれも精神との深い関わりを連想させます。つまり、目には見えない骨にこそ、その人の根本を支える大事な魂が宿っている。その骨を効果的に活用することで、パフォーマンスを劇的に向上させるメソッドが「骨ストレッチ」です。

創始者の松村卓さんと出会い、いくつかの縁がつながれていくことで、最初の本を世に送り出したのが2011年。2016年4月に収録した今回のインタビューでは、最初の本の撮影の舞台となった東京の代々木公園で松村さんと落ち合い、ゆっくりと過去・現在・未来へといたる道のりをたどっています。インタビューから3年経ったいま、当時を改めて振り返ってみましょう。

12「未来の自分」が笑っていられるように

2019年12月19日

松村
骨を意識すれば、もっとうまく身体が使えるんですよ。自分もそうでしたが、泣いている人がどれだけ救われるか。実力を発揮しきれず悔しい思いをしている人にどれだけ希望が与えられるか。
――
本当にそうですね。ただ、ここは大事なところなので、もう少し伺いますが、たとえば、ラグビーが大ブレイクして、いろいろな人が興味を持つようになりましたよね。あれだけ身体と身体がぶつかりあう以上、筋トレが必要、筋力アップは必要と考えるのは自然なのでは?
松村
ええ、よくわかります。そのやり方が悪いと言っているわけではないんです。「その競技を行ううえで必要最低限の筋力は必要」という考え方もありますから、あとは個人の判断ですが、もう一つ追求する道もあるんです。たとえば、見るからにか弱い女性であっても、べろんべろんに酔っ払ってしまったら、さすがの五郎丸さんでも持ち上げるのは大変ですよね。
――
緊張から解放され、無駄な力が抜けるだけで、それだけの重さが出てくるということですね。
松村
ですから、最近では「正気の酔っ払いになれ」って言っているんです。骨ストレッチではそれを目指しているんです。
――
ああいうラグビーのようなフィジカルコンタクトの強いスポーツでも、そうした重さをもっと利用できるはずだと。
松村
結局、踏ん張らないと力が出ないと思っている人が、筋力アップをはかろうとするわけですよ。でも、僕たちは踏ん張らないで、身体をゆるめ、自分の体重を地球に乗せて、地面反力という大きなパワーをいただこうということですから、そこが受け止められるかどうかですよね。
――
それによって新しい可能性が切り開かれてくるわけですね。
松村
講習会で3人に組まれて押されても、身体の重さを使うと倒されないですからね。皆さん、信じられないって言いますけれど。
――
通常から見れば、異次元の世界ですよね。
松村
自分としては、ただ力抜いているだけなんですよ。皆さん、頑張って力を入れて対抗しようとするから、空回りしてしまう。
――
そういう世界があることを知って、いろいろなスポーツで取り入れていってほしいですよね。
松村
まあ、いまがそれなりに順調だったら、そんなわけのわからないことをやって、崩れてしまったらどうするんだって思いますよね。調子を崩して、飯が食えなくなったらどうしようって怖がる気持ちもわかる気がします。だからといって、壊れてしまってどうにもならない、引退寸前の人が来られるケースがどうしても多いんですけどね。
――
そういう面はありますね。
松村
世の中全体が右向け右で、みんな同じことやっているわけですよ。イチローさんにみたいに自分の理論を頑なにと押し通せれば、そこから離れ、独自の世界が築けますが……。
――
彼を特別視してもはじまらないですよね。
松村
ことし(2016年)の2月29日は、4年に一度の閏年でしたよね。言葉遊びになりますが、閏年は潤う年です。次の閏年は2020年ですから、4年後の閏年に向けて、本当になりたい自分になっていきませんか? 皆さんにはそう呼びかけたいですよね。
――
滑らかさを取り戻していければ、文字通り、潤いますよね。
松村
いろいろな意味で潤う環境になっている自分の姿を思い描き、4年後に向けてコツコツと……。水だと思えば水になれるんですよ。それは決して難しいことではないです。コツをつかんで、意識を高め、4年後にもお互い笑っていられるように過ごしていきたいですよね。
――
一人一人の意識や考え方も含めて変わっていく必要がありそうですね。これからどういう方向に進んでいくことになりそうですか?
松村
書籍では、一般の方向けのダイエット、それからゴルフをテーマにしていきたいと思っていますが、もう一つ思い描いているのは海外での普及です。いろいろなご縁が生まれつつあるので、Japanese Bone Stretchとして、海の向こうの人たちの喜ぶ顔が見たいと思っています。
――
今後は、海外での講習会も実現していきそうですね。機会があればぜひハワイあたりでも……。
松村
そのときは長沼さんご夫妻もご一緒に(笑)。とにかく、いま以上に忙しくなってくると思いますが、自由自在、変幻自在に楽しくやっていきますよ。今日はありがとうございました。

(おわり)

インタビューは、2016年4月、東京・代々木にて収録(哲学系インタビューBOOK「TISSUE Vol.1」より転載)。

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

松村卓 Takashi Matsumura
1968年、兵庫県生まれ。中京大学体育学部体育学科卒業。陸上短距離のスプリンターとして活躍。100mの最高タイムは10秒2(追風2.8m)。北海道国体7位、東日本実業団4位、全日本実業団6位などの実績を持つ。現役引退後、ケガが絶えなかった現役時代のトレーニング法を根底から見直し、筋肉ではなく骨の活用法に重点を置いた画期的なストレッチ法「芯動骨整体(骨ストレッチ)」を創始。体幹部を効果的に活用できる「骨ストレッチ・ランニング」「骨ストレッチ・ゴルフ」などを生み出し、全国で講習会を開催するほか、独自の「WTラインシューズ」を開発。著書に、ベストセラーになった『ゆるめる力 骨ストレッチ』(文藝春秋)、甲野善紀氏との対談『「筋肉」よりも「骨」を使え!』(ディスカヴァートウェンティワン)などがある。2019年12月、スポーツ全般をテーマにした『骨ストレッチでスポーツ〜しなやかに動けるからだへ』(阿部出版)を刊行。http://www.sportcare.info

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る