2019年4月、桜の咲く吉野の里へ取材に訪れた時、初めて目にしたのが、吉野山の勝手神社で行われた不思議な「影絵」でした。
仮面を被り、時に踊りながら、モノトーンの影絵を通して遠くバリの昔話を紡いでいく。
沖縄から駆けつけたアマムyukiさんの三線の音色とともに、神話の時間が流れはじめ、物語とともに演じ手の優しいメッセージが伝わってきました。

影絵を演じたのは、物語作家のわたなべなおかさんと、バリ舞踊家の小谷野哲郎さん。
壬申の乱、源平の争い、南北朝……。
古来、再起を果たそうとする人たちが訪れた吉野の土地で、
二人が求めてきたのは、魂のよみがえり。

人と世の中の価値観が大きく変化するこれからの時代、何を大事にし、どんな「物語」を紡いでいくか? そのメッセージは? 
影絵公演の翌日、賑やかな吉野山から離れ、ゆっくりとお話を伺いました。

6「芸能」と「暮らし」が融合する時

2020年2月6日

――
小谷野さんは物語をどう生み出し、どう伝えたいと思っていますか?
小谷野
僕が伝えたいのは、目に見える世界と目に見えない世界とのつながりだったり、人と自然との関わり、神様や精霊との交流だったり……バリの芸能を通じて学んだ一番大事なことでもあるんですが、「人は目に見える世界だけで生きているんじゃない」ということなんです。
――
なおかさんの作品も重なり合う?
小谷野
ええ。彼女の作品を読んだ時、ちゃんとそういう世界を描いているんだなあと思って。なおは「何百歩も引いていた」なんて言うけれど(笑)、本当に素晴らしい内容だから何か形にしたいと、僕は最初から思っていました。
――
目に見える世界と目に見えない世界、このつながりが大事なんですね。
小谷野
そこは芸能の力、マツリの力がとても大きいと思うんです。芸能には、目に見える世界と見えない世界、この二つをつなぐ役割があるというか……。たとえば、バリでも近代化が進んでいて、ひとりでスマホを3台ぐらい持っていたり、現代的な生活をしている人が多いんですが、その一方で儀式的なことも、芸能も、生活のなかに息づいているんです。
――
両立ができている。
小谷野
ええ。だから、バリの人たちを見ていると、精神的にすごく強い人たちだなって思いますね。すごく深いところに根ざした(存在の)あり方みたいなものを強く感じるんです。
――
なおかさんは、ここで活動していく意味をどう考えておられますか?
なおか
わたしの場合、芸能からではなく、すべてが暮らしのなかから出てきていることなんですね。だから、小谷野さんと活動できたことで、日常から出てきた物語が芸能と出会って、あの影絵ができたんだと思います。同じ方向に向かっているけれど出どころが違うというか、そんなわたしたちから生まれる影絵がおもしろくて。
――
おもしろいですね。
なおか
わたしはいつも「自分はどう思っているか?」ということに気をつけているので、腑に落ちるまで向き合ったり、それまでは気持ちが悪いこともあるんですね。そのことで人にも迷惑かけちゃうし、家族や親しい人が許してくれるから何とか生きているんですけど……個人としては、すごく生きづらい、という時も多くあります。でも、それを治そうとしたら、もうわたしではないんです。
――
わたしではない。
なおか
最近、やっと「生きづらいままでいい」「生きづらいままでどこまでやっていけるか」という感じになってきたんです。そういう気持ちになってくると、生きづらい分、まわりに助けられていることがよりわかるんですね。
どうしようもない気持ちになった時、ここ(保久良古墳)にきてため息をついて、そこからまた何かをふっともらったり、腑に落ちたり……わたしが聞けば必ず答えてくれるから一番信頼感があるし、なによりもわたしをつねに受け入れてくれていることが有難いんです。話を聞かされているたけちゃんは、大変だなと思いますけれど(笑)。
きっとそれは、わたしがわたしに問い続けているんだと思います。

(つづく)

\ この記事をシェアする /

プロフィール

ポートフォリオ

わたなべなおか Naoka Watanabe
物語作家、やらだ出版代表。 「命に寄り添う物語を。」の思いをもとに、世界一 小さな出版社「やらだ出版」を主宰。沖縄の久高島より言開きしたCD付絵本「ぼくは うま」をはじめ、沖縄南城市で創作したCD付紅型絵本「やどかりの夢」を刊行。流通をほぼ介さず「手から手へ」ご縁に育まれ、4000冊を完売。 その後、3作目となる実話をもとにした言葉のない活版印刷絵本「しののめ時間〜おばあちゃんの朝のしご と」を刊行。 「物語」から聞こえる世界を絵本の中心に影絵や音楽朗読ライブを通して、国内外で表現している。 その他、代表作に奈良県吉野郡大淀町今木に実在する保久良古墳を描いた手話語り「かぜの子たけちゃん」などがある。 バリ舞踊家小谷野哲郎とのユニット「ほしふね ☆」では、影絵やパペット、仮面を駆使しながら国内外で公演やワークショップを展開。

小谷野哲郎 Tetsuro Koyano
仮面舞踊・役者・影絵・音楽 ジュクン・ミュージック代表。東海大学音楽学課程在学中よりバリ島のサウンド スケープ研究のかたわら、バリ舞踊を始める。同大学院修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生としてバリに留学。 帰国後、プロのバリ舞踊家として活動を開始。バ リの仮面やガムラン音楽、影絵を駆使しながら、バリの枠にとらわれずに国内外で様々なジャ ンルのアーティストたちと公演活動やワークショップを展開。役者としてもコンテンポラリーの舞台などで活躍。近年では岩手県遠野市の早池 峯神楽の舞手としても活動している。 バリガムラン芸能集団「ウロツテノヤ子」主宰。 物語作家わたなべなおかとのユニット「ほしふね ☆」でも、影絵と仮面、語りを駆使したパフォーマンスで国内外で活動している。 日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュク ン・ミュージック」代表。

ほしふね☆ hoshifune☆
仮面舞踊家小谷野哲郎と物語作家わたなべなおかとのユニット。 「自然」「風土」「夢」から得たインスピレーションをもとに、なおかの身体感覚を通した経験から創作した物語を小谷野が演出。 影絵や舞、語り、仮面を駆使して舞台作品化し、全国各地を巡っている。 2018年にはインドネシア・バリ島およびチカランにて公演とワークショップ。 2019年より、タイ・チェンマイの劇団Wandering Moonおよびサンフランシスコの影絵 演出家Larry Reed(ShadowLight Productions)との共同プロジェクトを開始。 共同制作により、2020年からタイ、日本、アメリカ他で順次公演予定。 海外にもその活動の場を広げている。
代表作に、 アイヌの伝説を影絵作品にした「カムイミンタラ〜神さまの庭」、アボリジニの森での体験からヒントを得て、フクロウと人との魂のつながりを描いた「ほしの子」、 バリ島の伝承をもとにした影絵と語りの両バージョン「神さまへの捧げのもの〜バリがバリと呼ばれる理由」、古事記の神代七世を描いた影絵と仮面による「あめつちのはじめ」、古くから続く水の道の物語「メグルタイコノミズ」など。

2016 北海道白老町「TOBIU CAMP」参加
2017 山梨県西湖「マンモスパウワウ」出演 。
2018 インドネシアツアー。奈良県天理市「Story Time」出演 。
2019 タイ・チェンマイの劇団「Wandering Moon」との共同制作プロジェクト開始。「あめつちのはじめ」台湾公演。他
instagram: https://www.instagram.com/hoshifuneya/


背景写真 by TOMOKO UJI on Unsplash

\ 最新刊のご紹介 /

TISSUE vol.04

TISSUE vol.04
特集:毎日は愉しい

内容紹介

今回のTISSUE(ティシュー)では、「毎日は愉しい」をテーマに、さまざまな分野からつむぎだされた次の7つの物語をお届けします。無限の世界につながる扉へ、ようこそ。

¥1,728(税込)

トップへ戻る